【開幕】デビュー50周年記念 くらもちふさこ展 弥生美術館で5月29日(日)まで

『A-Girl』のマリ子さん(くらもちふさこ展にて)

1月29日(土)から弥生美術館(東京・文京区)ではじまるデビュー50周年記念  くらもちふさこ展   ―デビュー作から「いつもポケットにショパン」「天然コケッコー」「花に染む」まで― 。一足お先に会場を取材してきました。早速ですが代表作のひとつ『A-Girl』のマリ子さんがキュート。

こちらは今年デビュー50周年を迎えたくらもちふさこ先生へ来場者がメッセージを寄せるコーナー。先生直筆のメッセージが嬉しいです。絵は1984年の別マから。今も新鮮なこのセンスです。

等身大の男の子、女の子を描く一方、新しい表現、テーマにも挑戦しつづけました。後進へ与えた影響という点でも指折りの存在でしょう。

グッズが可愛い

グッズが可愛い過ぎて言葉を失いました。
何ですかこのトート!
購入は現金のみ。来場される方は後悔しないよう、HPで品物をチェックの上、しっかり貯金を下ろしてきてください(^^)

美術館にはお祝いのお花がすでにたくさん届いていました。こちらはいくえみ綾先生から。明日もっとたくさん届くそうです。来場の方はこういうシーンもお楽しみください。


〈デビュー50周年記念 くらもちふさこ展 ―デビュー作から「いつもポケットにショパン」「天然コケッコー」「花に染む」まで―〉は5月29日(日)まで。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

デビュー50周年記念 くらもちふさこ展
―デビュー作から「いつもポケットにショパン」「天然コケッコー」「花に染む」まで―
会期:2022年1月29日(土)~5月29日(日)
会場:弥生美術館(東京都文京区弥生、東京メトロ千代田線「根津」駅、南北線「東大前」駅よりいずれも徒歩7分)
休館日:月曜日、4月26日(火)、5月10日(火)(※5月2日(月)は開館)
開館時間:午前10時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)
入館料:一般1000円、大・高生900円、中・小生500円(※入館にはオンラインによる事前予約<日時指定>が必要)(※竹久夢二美術館とニ館併せて鑑賞可)
Ⅰ期/1月29日(土)~2月27日(日)
Ⅱ期/3月2日(水)~3月27日(日)
Ⅲ期/3月30日(水)~4月24日(日)
Ⅳ期/4月27日(水)~5月29日(日)
詳しくは館のホームページ(https://www.yayoi-yumeji-museum.jp/)へ

あわせて読みたい

少女マンガの王道を歩んで半世紀 くらもちふさこ展 デビュー以来初の個人展覧会 弥生美術館で1月29日開幕

直前の記事

【次回のぶら美】「グランマ・モーゼス展」~素敵な100年人生に拍手! 世田谷美術館 2月1日放送

【BS日テレ ぶらぶら美術・博物館】 ★第398回 田舎のおばあさんが国民的画家に!「グランマ・モーゼス展 素敵な100年人生」 ~“始めるのに遅すぎることはない” 75歳から描き続けた素朴な農村の暮らし~ ★2月1日(

続きを読む
新着情報一覧へ戻る