【プレビュー】約3万件の所蔵品から選りすぐりの名品を展示――東京藝術大学大学美術館で「藝大コレクション展2022 春の名品探訪 天平の誘惑」 4月2日開幕

籔内佐斗司 《鹿坊 面》 平成22年(2010) 東京藝術大学蔵 

 

藝大コレクション展2022 春の名品探訪 天平の誘惑
会場:東京藝術大学大学美術館
会期:2022年4月2日(土)~5月8日(日)
休館日:月曜休館、ただし5月2日は開館
アクセス:東京都台東区上野公園、JR上野駅公園口、東京メトロ千代田線根津駅1番出口から徒歩10分、京成上野駅、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅7番出口から徒歩15分
入館料:一般440円、大学生110円、高校生以下、18歳未満は無料。
※詳細情報は公式サイト(https://museum.geidai.ac.jp/)で確認を。

東京藝術大学のコレクションは、前身である東京美術学校の設立から135年にわたり、作品や資料の収集を行ってきた。その内容は古美術から学生の制作作品に至るまで幅広い。その多彩なコレクションを広く公開するのが、毎年開かれる「藝大コレクション展」だ。今春の「藝大コレクション展2022」は、「春の名品探訪」。約3万件の収蔵品から選りすぐりの名品を展示する。また、特集「天平の誘惑」では、古代から現代にいたるまでの天平にまつわる名品と資料を展示、最新の研究成果も紹介する。

長原孝太郎 《入道雲》 明治42年(1909) 東京藝術大学蔵

「春の名品探訪」の見どころは、まずは《小野雪見御幸絵巻》(重要文化財)、狩野常信《鳳凰図屏風》などの古美術。藝コレでは約10年ぶりの出品となる長原孝太郎《入道雲》、初公開の白川一郎《不空羂索観音》といった西洋画、狩野芳崖《悲母観音》(重要文化財)、橋本雅邦《白雲紅樹》(重要文化財)などの近代日本画なども見ものだ。古美術から現代美術に至るまで、名品が展示空間をぐるりと取り囲むように陳列される。

《浄瑠璃寺吉祥天厨子絵》 「弁財天及び四眷属像」 建暦2年(1212) 重要文化財 東京藝術大学蔵

特集「天平の誘惑」の白眉は、《浄瑠璃寺吉祥天厨子絵》(重要文化財)。もとは京都・浄瑠璃寺の木造吉祥天立像を収めた厨子の扉および背面板で、明治22年(1889)に東京美術学校の所蔵となった。今回は、厨子とその内側四方に描かれた合計7面すべて、さらに吉祥天像(模刻)を立体的に展示。目前に開かれた厨子の中に足を踏み入れるイメージだ。

狩野芳崖 《悲母観音》 明治21年(1888) 重要文化財 東京藝術大学蔵

狩野芳崖の《奈良官遊地取》も出品される。フェノロサや岡倉天心らの奈良古社寺調査に同行した芳崖が、31社寺で調査した所蔵品や建築物などをスケッチに描き留めたものだ。そこには当時の調査で再発見された天平美術が写し取られている。弟子たちの証言によれば、この時の古美術研究が芳崖の絶筆《悲母観音》の面貌表現につながったという。8世紀奈良の天平美術は、国際色豊かな唐の影響を受けつつ鎮護国家思想のもとに花開き、後代にも大きな影響を与えた。今回の展示では所蔵する乾漆仏像の断片や東大寺法華堂天蓋残欠に新たな光を当てており、最新の研究成果により南都仏師たちの技法が解き明かされる。

(読売新聞美術展ナビ編集班)

直前の記事

【次回の平家物語】第4話「無文の沙汰」 待望の御子の誕生も…。フジテレビでは2月2日(水)深夜放送

琵琶法師により語り継がれ、後世の文学や演劇に大きな影響を与えた『平家物語』。圧倒的な語り口の古川日出男訳を底本に、精鋭クリエイターによって初のTVアニメ化です。 第4話「無文の沙汰」 待望の御子を授かったにもかかわらず、

続きを読む
新着情報一覧へ戻る