週末いきたい! 生活に取り入れたい美術展・展覧会8選+1月で終了する9選

特別な空間にあるファインアートを鑑賞して非日常を感じることは、展覧会の大きな楽しみです。一方で、非日常の感動を日常生活にも取り入れることができたら。そんな思いがかなう(かもしれない)展覧会を紹介します。そのほか、1月中に終わる展覧会も末尾に紹介します。

1 ザ・フィンランドデザイン展

1月30日(日)まで東京・渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開かれている「ザ・フィンランドデザイン展―自然が宿るライフスタイル」は、マリメッコの服、カイ・フランクの食器、アアルトの椅子、フィンレイソンのテキスタイルなど、日本でも人気が高いプロダクトデザインの名品を楽しめます。ミュージアムグッズでは、展示されている一部の会社の商品を買うこともできます。最終週は日時指定制です。
【レビュー】「ザ・フィンランドデザイン」展 フィンランドの暮らしと自然への思いからうまれたプロダクトの数々 Bunkamuraザ・ミュージアム で1月30日まで

2 民藝の100年

柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」が東京国立近代美術館(東京・竹橋)で2月13日まで開かれています。記者は、展示をみて、生活の中に民藝を取り入れたくなり、ミュージアムショップで革工芸「印伝」の名刺入れを買いました。

【レビュー】柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」東京国立近代美術館 これまでの展覧会とは異なるアプローチで

3 みうらじゅん マイ遺品展

「マイブーム」を造語したみうらじゅんさんが集めたものを展示する「みうらじゅん マイ遺品展」が京都府のアサヒビール大山崎山荘美術館で3月6日まで開かれています。
【開幕】「マイブーム」たちは民藝? 開館25周年記念「みうらじゅん マイ遺品展」(京都・アサヒビール大山崎山荘美術館)

4 ニッポン国おかんアート村展

とても身近なところにアートは存在していた? 渋谷公園通りギャラリーで4月10日まで入場無料で開かれている「ニッポン国おかんアート村」展では、そんな発見があるかもしれません。すでに亡くなった記者の祖母も、チラシ箱をたくさん作っていたことを思い出しました。「おばあちゃん、これすごいね」って言っておけば良かった。

【開幕】街のおかんたちの熱意と創意に拍手! 「ニッポン国おかんアート村」展 渋谷公園通りギャラリーで4月10日まで 入場無料

5 未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展

多くの人が持っている陶磁器。パナソニック汐留美術館(東京・新橋)で3月21日まで開催されている「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」で並ぶ人間国宝から若手作家までバラエティ豊かな約140点の名品を見ると、自分はどんな色の器が好きなのかなど、感じ取るきっかけになるかもしれません。

【開幕】人間国宝から若手作家まで約140点の名品を展覧「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」パナソニック汐留美術館で3月21日まで

6 日本のやきもの―縄文土器から近代京焼まで―

奈良の大和文華館では、縄文時代から、桃山時代の茶碗、江戸時代の有田焼、近代の京焼まで、1万年以上の日本の焼き物の歴史をたどれる「日本のやきもの―縄文土器から近代京焼まで―」が2月13日まで開かれています。

 

7 奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム

東京都庭園美術館で4月10日まで開催されている「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム シュルレアリスム」。出展されている作品は今の感覚でもとがったものが多いです。

【開幕】「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」展 東京都庭園美術館で4月10日まで

8 めぐるアール・ヌーヴォー展

日本でファンの多いアール・ヌーヴォー。アール・ヌーヴォーが日本美術から大きな影響を受けたこともその理由かもしれません。「めぐるアール・ヌーヴォー展 モードのなかの日本工芸とデザイン」が金沢市の国立工芸館で3月21日まで開催されています。

【開幕】アール・ヌーヴォーに与えた日本美術の影響 「めぐるアール・ヌーヴォー展 モードのなかの日本工芸とデザイン」(国立工芸館)

1月で終了する展覧会

(会期末は日時指定予約制などの場合がありますので各館や公式サイト・SNSでご確認ください。)

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」

上野の森美術館(東京・上野公園)で開かれている深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」は1月31日(月)まで。
【開幕】深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」上野の森美術館で来年1月31日まで

白井晟一 入門

日曜美術館で取り上げられて話題となっている建築家白井晟一。渋谷区立松濤美術館で「開館40周年記念 白井晟一 入門」が1月30日(日)までの開催。最終週は日時指定予約制です。現状は会期末まですべての日時が満員です。
https://airrsv.net/shotomuseumofart/calendar
【開幕リポート】建築そのものの美しさを堪能 「白井晟一 入門」展 第2部「Back to 1981 建物公開」 渋谷区立松濤美術館

虫めづる日本の美-養老孟司×細見コレクション-

1週間会期が延長された「特別展 虫めづる日本の美-養老孟司×細見コレクション-」は京都の細見美術館で1月30日(日)までの開催です。

柚木沙弥郎 life・LIFE

染色家でアーティストの柚木沙弥郎さんの現在まで旺盛な創作活動を紹介する「柚木沙弥郎 life・LIFE」は1月30日(日)までPLAY! MUSEUM(東京・立川)で開催。

【開幕】企画展「柚木沙弥郎 life・LIFE」、PLAY! MUSEUM(東京・立川)で

小林清親展【増補】-サプリメント-

最後の浮世絵師ともよばれる小林清親。「収蔵作品による 小林清親展【増補】-サプリメント-」が1月30日(日)まで練馬区立美術館で開催されています。

杉浦非水 時代をひらくデザイン

全国巡回した「杉浦非水 時代をひらくデザイン」。三重県立美術館での会期は1月30日(日)までです。

東京展(たばこと塩の博物館)での記事はこちら
【開幕】「杉浦非水 時代をひらくデザイン」展 たばこと塩の博物館で11月14日まで

大雅と蕪村―文人画の大成者

国宝『十便十宜図』の『十便図』と『十宜図』を、会期中ページ替えしながら全ての場面を展示してきた「大雅と蕪村―文人画の大成者」は名古屋市博物館で1月30日まで。

浮世絵で旅気分

1月4日から徳川美術館(名古屋市)で開催されている企画展「浮世絵で旅気分」。1月30日(日)まで。

江戸の恋

1月5日から太田記念美術館(東京・原宿)で開催されている「江戸の恋」。1月30日(日)まで。
【プレビュー】「江戸の恋」――純愛、悲恋、不倫まで。「恋バナ」集めました 太田記念美術館で新春1月5日から

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

先週の週末いきたい!
週末いきたい ダリ、ピカソ、ベラスケス、ゴヤ…スペイン作家の作品を見られる美術館・博物館7選(開幕前も)

新着情報をもっと見る