【プレビュー】MOA美術館の開館40周年記念展 光琳「紅白梅図屏風」 仁清「色絵藤花文茶壺」 手鑑「翰墨城」の国宝3件を同時公開 1月28日からの「第1部」で

MOA美術館(静岡県熱海市)が1月28日(金)から3月27日(日)まで開催する「開館40周年記念名品展 第1部」で、所蔵する国宝3件を同時公開します。
MOA美術館は、1982年1月11日に開館。創立者・岡田茂吉(1882~1955年)が蒐集しゅうしゅうした日本、中国をはじめとする東洋美術を中心にした日本有数の美術コレクションで知られています。
中でも、江戸時代の絵師・尾形光琳の最高傑作と評価されている「紅白梅図屏風」、京焼の大成者・野々村仁清の「色絵藤花文茶壺」、三大手鑑の一つ手鑑「翰墨城かんぼくじょう」の国宝3件は、同館の目玉であり、毎年梅の咲くこの時期に同時公開しています。

国宝 紅白梅図屏風 尾形光琳 江戸時代
国宝 色絵藤花文茶壺 野々村仁清 江戸時代
国宝 手鑑「翰墨城」 奈良時代~室町時代

開館40周年を記念して、今年中に3回の名品展を開催し、コレクションの全容を紹介。その第1部で、国宝3件を同時に鑑賞することができます。
また、第1部では、この3件に加えて、「樹下美人図」(中国・唐時代)、「過去現在絵因果経断簡」(奈良時代)、「平兼盛像(佐竹本三十六歌仙切)」(鎌倉時代)「色絵桃花文皿 鍋島」(江戸時代)など重要文化財20点を含む日本・東洋美術の名品が並びます。

開館40周年記念名品展 第1部
会場 MOA美術館(静岡県熱海市桃山町26-2)
会期 2022年1月28日(金)~3月27日(日)
開館時間 9:30-16:30(最終入館16:00まで)
休館日:木曜日 (2月10日は開館)
観覧料: 一般1,600円 高大生1,000円 中学生以下無料 65才以上1,400円
アクセス:JR東海道新幹線・東海道線 熱海駅下車、駅前バスターミナル8番乗り場よりMOA美術館行 約7分終点下車
詳しくは同館のホームページ

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

新着情報をもっと見る