小倉城がデジタル掛け軸で極彩色に 北九州で「日本百名月」認定の記念イベント

福岡県北九州市小倉北区の小倉城で1月17日夜、城壁や石垣に色鮮やかな映像を投影する「デジタル掛け軸」が披露された。

夜景の観光資源化を目指す一般社団法人「夜景観光コンベンション・ビューロー」が昨秋、小倉城などから眺める月の光景を「日本百名月」に認定。これに合わせ、北九州市でこの日に開催された「全国名月サミット」の一環として企画した。


イベントでは、国内外で活躍するデジタルアーティストの長谷川章さんが、自ら描いた原画約100万枚を組み合わせた映像を16台のプロジェクターで投影した。

音楽とともに次々と模様が変化する中、色彩豊かな城が夜空に浮かび上がり、周囲は幻想的な雰囲気に包まれた。


読売新聞西部本社・牟田口洸介、写真・大野博昭)
福岡ふかぼりメディア「ささっとー」(1月20日公開)の記事を再掲。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る