【レビュー】明治の文学は絵とともにあった――「明治文学の彩り--口絵・挿絵の世界」 日本近代文学館

展示風景

明治文学の彩り--口絵・挿絵の世界
会場:日本近代文学館
会期:2022年1月8日(土)~2月26日(土)
休館日:日、月曜休館、ただし1月10日は開館。このほか、1月11日、27日、2月15~19日、2月24日が休館。
アクセス:東京都目黒区駒場、京王井の頭線駒場東大前駅西口から徒歩7分
入館料:一般300円、中、高校生100円
※最新情報はホームページ(https://www.bungakukan.or.jp/)を参照

 

降る雪や 明治は遠く なりにけり 

中村草田男がこの有名な句を詠んだのは、昭和6年だった。昭和6年といえば1931年、90年も前に「遠くなりにけり」だったのだから、令和の今からすると、明治という時代は昔も昔、大昔である。だから、改めて調べてみると、「へえ」と感心したり、「ええっ」と驚いたり、様々な発見があるのである。日本近代文学館で開催中のこの企画展にも、「へえ」や「ええっ」がたくさんある。

武内桂舟画 尾崎紅葉『金色夜叉』前編 多色摺木版口絵(春陽堂 明治31年7月より)

明治時代の文学と挿絵・口絵との関係を調べてまとめた今回の企画展。明治時代の文学は、どうやら文章と絵がセットだったようだ。尾崎紅葉や泉鏡花のように何となく江戸の薫りを残す作家だけでなく、いかにも「近代」な感じのする夏目漱石や島崎藤村もそうだったみたいである。小説を書くにあたってまず作家がしておくべきことは、挿絵や口絵をどうするかの指示を絵師に出しておくことだったという。島崎藤村が描いた下書きが展示されているが、これがまた上手いので驚いてしまう。

小林萬吾画 夏目漱石「草まくら」多色摺石版口絵(「新小説」明治39年9月より)

江戸時代の読本や合巻、黄表紙本は、絵と文がセットになっているのが当たり前だった。山東京伝でもだれでもまず下絵を描き、それを見ながら文案を練ったものだという。絵師としてもそれは力を入れた仕事であったようで、例えば葛飾北斎と曲亭馬琴が組んだ『鎮西八郎為朝外伝 椿説弓張月』は物語の中身だけでなく挿絵の斬新さでも知られているし、柳亭種彦と歌川国貞が組んだ『偐紫田舎源氏』も有名だ。企画展を見ていると、そういう「出版界の常識」が脈々と明治の時代にも生きていたことがよく分かる。文明開化の洗礼を受けているとはいえ、明治と江戸は「地続き」なのだ。

渡部金秋画《落花流水図》 嵯峨の屋おむろ「通例人の一生」 コロタイプ口絵(「新小説」明治30年7月より)

逆に言えば、この企画展を鳥瞰すると、明治という時代での変化の様子も見えてくる。小林清親や水野年方といった浮世絵師だけでなく、黒田清輝などの洋画家も挿絵・口絵を手がけている。若い画家たちにとっては、腕を磨く場でもあったようだ。写真に絵を加えたものもある。当時としては最先端の技術だったのか。新聞小説の挿絵などは今見ても凝っている。石川寅治の絵などを見ていると、明治末期の感覚はすでに大正・戦前のようだ。

石川寅治画 永井荷風「歓楽」多色摺石版口絵(「新小説」明治42年7月より)

意外とビジュアルだった明治の文学。そこで進んだ様々な変革。われわれが生きている令和の時代は、この時代と「地続き」なのだろうか。あの時代の精神を今のわれわれは持ち続けているのだろうか。色々なことを考えさせてくれる企画展なのである。(事業局専門委員 田中聡)

展示風景

直前の記事

【次の平家物語】第3話「鹿ケ谷の陰謀」 平家を討つ密議が・・ フジテレビでは1月26日(水)深夜放送

《監督》山田尚子×《脚本》吉田玲子×《キャラクター原案》高野文子×《音楽》牛尾憲輔、という豪華なスタッフ。一大叙事詩を、少女の目を通じて叙情的に描き出します。 第3話「鹿ケ谷の陰謀」 維盛・資盛・清経らとともに、厳島神社

続きを読む
新着情報一覧へ戻る