【百年名家~築100年の家を訪ねる旅~】東京都庭園美術館の日本庭園にある美しい茶室を訪ねる 19日夜、BS朝日で

【番組タイトル】百年名家~築100年の家を訪ねる旅~
【サブタイトル】朝香宮の残した“謎と美”の茶室~東京・白金台「光華」~ 

【放送日時】2022年1月19日(水) 午後 10:00 ~ 午後 10:30
【放送局】BS朝日
番組ホームページ

旅人・八嶋智人と牧瀬里穂が、全国にある歴史的な建物「百年名家」を巡る番組。今回は東京・白金台の「光華」を訪ねる。
旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)の日本庭園にあり、朝香宮と茶人と名棟梁が造り上げた美しい茶室だ。
朝香宮鳩彦王の依頼に応えて、武者小路千家の茶人である中川砂村が設計し、大阪を代表する数寄屋大工棟梁・平田雅哉の施工により、昭和11年(1936年)に上棟された。平成27年には国の重要文化財に指定。用途が謎のままの4畳半の小間や広間から望む日本庭園の景観など、その魅力に迫る。
(読売新聞デジタルコンテンツ部)

あわせて読みたい

【開幕】「奇想のモード 装うことへの狂気、またはシュルレアリスム」展 東京都庭園美術館で4月10日まで

直前の記事

動植綵絵、蒙古襲来絵詞、唐獅子図屏風・・特別展「日本美術をひも解くー皇室、美の玉手箱」 東京藝術大学大学美術館で8月6日開幕

皇室に伝えられた品々を収蔵する宮内庁三の丸尚蔵館の優品、約90件で日本美術を分かりやすく紹介する展覧会が8月、東京・上野の東京藝術大学大学美術館で開催される。宮内庁三の丸尚蔵館収蔵品として初めて国宝に指定された「動植綵絵

続きを読む
新着情報一覧へ戻る