【開幕】浮世絵とジャポニスムの名品が一堂に 「ジャポニスム―世界を魅了した浮世絵」(千葉市美術館)

ジャポニスムに影響を与えた浮世絵作品を中心とした展覧会「ジャポニスム―世界を魅了した浮世絵」が千葉市美術館で開幕した。

19世紀後期~20世紀初めにかけて、大量に海を渡った日本の美術工芸品は、西洋の美意識に大きな影響を与え、ジャポニスムという動向として広がっていった。なかでも、多くの西洋画家たちに影響を与えたのが、浮世絵版画であろう。

本展では、浮世絵の名品を中心に、欧米、ロシアからジャポニスムの作品を加えた約220点を展示し、ジャポニスムの作家が取り入れた視点をきっかけとして、浮世絵の魅力を再発見するもの。北斎に広重、ゴッホやホイッスラー……総勢70名の作家による競演によって、現代では当たり前に見慣れてしまった浮世絵の代表作を新しい視点で観ることができる。

例えば、世界で最も有名な浮世絵ともいえる葛飾北斎《冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏》。この作品から影響をうけた国内外の“波”の表現を紹介し、北斎の作品がいかに世界に大きなインパクトを与えたのかを検証する。

さらに本展では、これまで日本で本格的に紹介されることがなかったロシアのジャポニスムを紹介。北斎や広重から影響を受けたとされる、木版画を中心とした作品が並ぶ。会期中展示替えあり、3月6日(日)まで。

【開催概要】

展覧会名:ジャポニスムー世界を魅了した浮世絵

会期:2022年1月12日(水)~3月6日(日)

休館日:2月7日(月)

開館時間:10時~18時(金・土曜日は20時まで)※入場受付は閉館の30分前まで

観覧料:一般1500円(1200円)、大学生800円(640円)、小・中学生、高校生無料=※()内は前売券

千葉市美術館のホームページ(https://www.ccma-net.jp/