世界に誇る日本の伝統文化「折り紙」が紡ぐファンタジードラマ 『オリガミの魔女と博士の四角い時間』 Eテレで1月3日から計6本放送

オリガミの天才博士と彼をとりまく風変りなキャラクターたちが、オリガミの楽しさを伝えるEテレのファンタジードラマ「オリガミの魔女と博士の四角い時間」が1月に6本、放送される。

このドラマは2017年の初回放送以来、毎年数本づつ不定期放送されている。博士役の滝藤賢一のオリガミへの情熱とコミカルな演技、尾上菊之助が声を担当するいたずら好きな魔女の魅力、意表をつく訪問者たち、そして独創的なオリガミの造形美という組み合わせで、多くの視聴者の心をつかんできた。

今回は2021年2月以来、およそ1年ぶりの登場。新作6作が放送される。1月3日の回では、普段は声のみの尾上菊之助がひとり二役でゲスト出演者としても登場。「白い象の神さま」を演じる。

2本立てのもう一本には、キュートな羊飼い役として風間俊介が出演する。言葉が通じなくても楽しみを分かち合えるコミュニケーションツールとしても期待されているオリガミ。その魅力をドラマを通じて伝えていく。

【タイトルとオリガミのテーマ、主な出演者】

△1月3日(月)11時~11時30分

「白い象の願い」(オリガミ:ゾウ、ゲスト:尾上菊之助=魔女の声と二役)

「ふしぎの牧場(まきば)の少年」(オリガミ:ヒツジ、ゲスト:風間俊介)

△1月15日(土)16時~16時30分

「くちびるに微笑みを」(オリガミ:つかえるくちびる、ゲスト:伊藤修子)

「情熱のJOMON」(オリガミ:土偶、ゲスト:厚切りジェイソン)

△1月22日(土)16時~16時30分

「注文を多い喫茶店」(オリガミ:四角メガネ、ゲスト:岩井ジョニ男)

「バナナ★ショック」(オリガミ:むきむきバナナ、ゲスト:小出伸也)

番組ホームページ(https://www.nhk.jp/p/origami/ts/E8K71P1ZK8/

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【レビュー】『鋼の錬金術師展 RETURNS』 “ハガレン展”がパワーアップして帰ってきた!池袋・サンシャインシティで1月16日まで

大人気漫画「鋼の錬金術師」の作品生誕20周年を記念した『鋼の錬金術師展 RETURNS』が、12月18日に東京・池袋のサンシャインシティで始まった。ここでは開幕直前に行われた内覧会の様子をもとに、精一杯の言葉を“錬成”し

続きを読む
新着情報一覧へ戻る