【開催中止】「第67回全関西美術展」 大阪市立美術館で2月5日から

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、下記の「第67回全関西美術展」は開催中止になりました(1月18日追記)

展覧会名:特別展「第67回全関西美術展」

会期:2022年2月5日(土)~2月15日(火)

休館日:2月10日(木)

開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場:大阪市立美術館(天王寺公園内)

入館料:一般700円、高大生500円

全関西美術展は昭和16年、大阪市民の芸術振興を目的として、公募による総合美術展「大阪市展」として発足。現在では大阪市にとどまらず近畿地方を中心として四国や北陸などからも広く出品されている。その中から約700点の秀作を選んで展示する。日本画、洋画・版画、彫刻、工芸、書など幅広い分野で、現代における関西の美術の流れを知ることができる内容だ。

(読売新聞美術展ナビ編集班)