ゴールデンカムイ展が2022年4月28日から東京ドームシティで開催決定 京都、福岡など全国巡回も

© 野田サトル/集英社

アイヌの少女アシㇼパと不死身の杉元の躍動を体感! 明治後期の北海道・樺太を舞台にした野田サトル氏による人気漫画『ゴールデンカムイ』(週刊ヤングジャンプ連載)。120点を超えるイラストや作中に登場したアイヌ民族の民具資料などの展示で、<和風闇鍋ウエスタン>な世界を追体験できる「ゴールデンカムイ展」が2022年4月28日(木)~6月26日(日)、東京ドームシティ Gallery AaMoで開催される。

展覧会について野田サトル氏は、
「描き下ろしの原稿や作者の作画資料
そして公式ファンブックにもないゴールデンカムイの新たな情報など
足を運んだ皆様に喜んで頂けるものを準備しております」
などと、谷垣ニパのイラストとともにコメントしている。

野田サトル氏のコメント© 野田サトル/集英社


展覧会の公式サイト(https://goldenkamuy-ex.com)と公式ツイッターも12月に開設された。京都、福岡など全国巡回も予定されている。

(読売新聞デジタルコンテンツ部)

直前の記事

【プレビュー】 「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」茨城県近代美術館(茨城・水戸)で2022年2月9日開幕

フランス近代風景画の至高のコレクションで知られるランス美術館所蔵の名品により、ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796-1875)からバルビゾン派、ギュスターヴ・クールベ(1819-1877)、クロード・モネ(18

続きを読む
新着情報一覧へ戻る