【開幕】「北斎で日本史ーあの人をどう描いたかー」すみだ北斎美術館で、2月27日まで

 

「北斎で日本史ーあの人をどう描いたかー」
会場:すみだ北斎美術館(東京都墨田区亀沢2-7-2)
会期:2021年12月21日(火)~2022年2月27日(日)
休館日:毎週月曜日、年末年始(12月29日~1月1日)。但し1月3日(月)と1月10日(月・祝)は開館し、1月4日(火)と1月11日(火)は休館。
開館時間:午前9時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
入場料:一般1000円、高校生・大学生700円、65歳以上700円、中学生300円、障がい者300円、小学生以下無料
詳しくは展覧会公式サイト

日本の歴史に焦点を当て、葛飾北斎やその弟子などが歴史上の人物や事件を描いた作品を集めた「北斎で日本史ーあの人をどう描いたかー」が、すみだ北斎美術館で12月21日から始まります。開幕前日の内覧会に伺ってきました。

神話の時代から北斎が生きた江戸時代までの歴史的事件などを描いた作品のほか、さらに弟子たちが描いた明治時代の錦絵までを、時代を追って紹介しています。

「徳川家康束帯座像」

まず、目を引いたのは二代葛飾北斎が描いた徳川家康の座像です。歴史の教科書で見る絵よりも精悍なイメージです。浮世絵師が江戸幕府の将軍を描いた作品は珍しいそうです。絵の右手には、恐れ畏まり、頭を地面に付けて百回拝むという意味の「恐惶頓首百拝」と書かれていることから、最大級の敬意をもって描いていたことが分かります。なお二代葛飾北斎は、北斎の画号を継いだ人物ですが、分からないことが多いそうです。

「画本武蔵鐙」下

これは川中島の戦いで、馬に乗って切りつけた上杉謙信の刃を、武田信玄が軍配で受けた有名なシーンです。

「北斎画式」 源の頼光

こちらは教科書的な歴史からはちょっと離れますが、「平家物語」で山蜘蛛退治の話が記されるなど、平安時代に化け物退治の武将として知られる源頼光(みなもとのよりみつ)です。謙信と信玄の絵といい、こちらの蜘蛛の描写といい、北斎の画力の高さには目を見張ります。

人物や出来事には解説が付き、高校日本史の教科書に頻出する用語などはゴシック体で強調されています。受験勉強の気分転換に、北斎やその弟子たちの絵を楽しみながら、歴史を学んでみるのもいいかもしれませんね。(読売新聞美術展ナビ編集班 若水浩)

新着情報をもっと見る