【プレビュー】「古代中国・オリエントの美術 リターンズ ―国宝“細川ミラー”期間限定公開―」12月18日から東京・文京区の永青文庫で

国宝「金銀錯狩猟文鏡」  中国 戦国時代(前4~前3世紀)永青文庫蔵 2022年1月23日(日)まで限定公開

「古代中国・オリエントの美術 リターンズ ―国宝“細川ミラー”期間限定公開―」
会場:永青文庫(東京都文京区目白台1-1-1) 4階・3階展示室
会期:2021年12月18日(土)~2022年2月13日(日)
休館日:月曜日(1月10日は開館し、翌11日は休館)。年末年始(12月27日~1月7日)
開館時間:10時~16時30分(入館は16時まで)
入場料:一般800円、シニア(70歳以上)600円、大学・高校生300円、中学生以下、障害者手帳をご提示の方およびその介助者(1名)は無料
詳しくは同館HP

東京都文京区の永青文庫で2020年2月に開幕したものの、新型コロナウイルス感染拡大のため、途中閉幕となった「古代中国・オリエントの美術―国宝“細川ミラー”期間限定公開―」が、新たな展示品も加えて、およそ1年10か月ぶりに開催されます。

国宝「金彩鳥獣雲文銅盤」 
中国 前漢~新時代(前3~後1世紀)永青文庫蔵 2022年1月25日(火)~2月13日(日)限定公開

永青文庫の創設者で、細川家16代の護立もりたつ1883年~1970年)は幼いころから中国文化に強く憧れ、1926年から約1年半かけて欧州を巡り、後に国宝に指定される「金彩鳥獣雲文銅盤きんさいちょうじゅううんもんどうばん」などの中国青銅器や陶磁器を購入し、それ以降中国美術のコレクションを本格的に始めました。さらに関心はオリエント美術まで広がり、イスラーム陶器やタイルの優れた作品も収集していきました。

国宝「金銀錯狩猟文鏡」 
中国 戦国時代(前4~前3世紀)2022年1月23日(日)まで限定公開

今回の展示では、“細川ミラー”の名前で知られる国宝の「金銀錯狩猟文鏡きんぎんさくしゅりょうもんきょう」など前回の出品作品に加えて、同館で8年ぶりの公開となる「金銀玻璃象嵌大壺きんぎんはりぞうがんおおつぼ」(重要文化財)など古代中国の美術品13点を新たに展示。さらにオリエント美術からは、「ゴールドバンドガラス碗」など高度な技術で作られた珍しい逸品も再び登場します。

重要文化財「銀人立像」
中国 戦国時代(前5~前3世紀)

古代中国の美術では、重要文化財の「銀人立像ぎんじんりゅうぞう」に目が引かれます。衣装を腰帯で固定し、裸足で立つ小さな像ですが、指先の爪や鼻の穴など、体を細部まで精巧に表現しています。古代東アジアでは、銀製の小像は極めて珍しいそうです。

「ヤギ文タイル」
イラン 17世紀

オリエントでは、色鮮やかな「ヤギ文タイル」に目が止まります。イスラーム時代、モスクや聖人の墓を装飾するために、釉薬ゆうやくを施したタイルが使われました。この作品は、模様を描いた後に釉薬を塗り込み、顔料が混じり合うのを防ぐ技法を用いているため、鮮やかさが保たれています。

国宝の「金銀錯狩猟文鏡」は1218日から2022年1月23日、同じく国宝の「金彩鳥獣雲文銅盤」は2022年1月25日~2月13日の限定公開となります。貴重な国宝などのコレクションを再び見られる機会をお見逃しなく。(読売新聞美術展ナビ編集班 若水浩)

直前の記事

【プレビュー】 本当の清方に出会う 「没後50年 鏑木清方展」 東京国立近代美術館(東京・竹橋)で2022年3月18日開幕

美人画家として「西の松園、東の清方」と並び称された鏑木清方だが、意外にも本人は「需もとめられて画く場合いはゆる美人画が多いけれども、自分の興味を置くところは生活にある。それも中層以下の階級の生活に最も惹かれる」と言ってい

続きを読む
新着情報一覧へ戻る