【開幕】深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」上野の森美術館で来年1月31日まで

ライブペインティングで描かれた作品も展示される

透明な樹脂の上にアクリル絵具で描き、それを何層も繰り返し重ねていく「2.5D Painting」で描かれた金魚は、まるで実物であるかのよう。深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」が12月2日(木)、上野の森美術館(東京・上野公園)で始まります。2022年1月31日(月)まで。

深堀隆介展 「金魚鉢、地球鉢。」
会期:2021年12月2日(木)~2022年1月31日(月)
会場:上野の森美術館(東京・上野)
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
一般1,600円、高校・大学生1,300円、小・中学生800円 *事前予約不要
休館日:12月31日、1月1日
JR上野駅公園口より徒歩3分、東京メトロ・京成電鉄上野駅より徒歩5分
詳しくは公式ホームページ

開幕前日の報道内覧会を取材しました

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」が12月2日(木)、上野の森美術館で始まります。前日に開かれた報道内覧会に伺いました。最新の作品「緋照(ひしょう)」がライブペインティングで描かれました。下の写真のような状態の絵が、1時間ほどで見事な金魚になるとは!

下絵には深堀さんが好きという前方後円墳と富士山が描かれており、さらにゲストのヒコロヒーさんと照英さんがその場でリクエストした「平等院鳳凰堂」と「金魚の天敵のハクビシンなどの害獣」が加えられた
色をにじませるために水鉄砲で水をかける技を披露する深堀さん。(左から)照英さん、ヒコロヒーさん
だんだん金魚の形が見えてくる。いち早くその姿に気付いたのは芸能人きっての金魚好きの照英さんだった
尾びれがキャンバスの外にまで描かれた
ヒコロヒーさんと照英さんにちなんで、その場で「緋照(ひしょう)」と名付けられた
「(コロナ禍で)ライブペインティングは久しぶりでした」と話す深堀さん

深堀隆介さんといえば、何層もの透明樹脂に少しずつ絵を描き、立体的に見せる技法「2.5D Painting」。

《方舟2》2015年
《梅花》2020年
《初恋》2017年
《金魚酒 命名 夢静》2021年

角度を色々変えて見ても泳いでいる魚にしか見えません!写真では伝えきれない驚きを、ぜひ会場で体験してください。

2000年に金魚をモチーフに制作を始め今年で20年。金魚のドローイングを1枚500円で売ったり、原宿でTシャツを販売してもらったり、段ボールを素材にしたり、「途中で諦めかけたこともあった」そうですが、諦めず制作を続けて2.5D Painting技法を”発明”するまでのドラマチックな道のりも展示で追うことができました。

《金魚書》2004年。個展会場の壁に貼って当時は1枚500円で売っていたという

グッズも多彩

これほど展覧会の内容とマッチするのは珍しいかもしない≪クリア≫ファイル。

日本の伝統と結びついた金魚飴や扇子。ライブペインティングで着ていたデザインのジャケットなど、グッズも色とりどりで豊富でした。

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

【インタビュー】「金魚の神秘」に魅せられて――東京の美術館では初めての本格的な展覧会を開く深堀隆介さん(その1)

【インタビュー】「金魚の神秘」に魅せられて――東京の美術館では初めての本格的な展覧会を開く深堀隆介さん(その2)

直前の記事

3位はトーハク150年 2位はメトロポリタン美術館展 1位は口から6体のあれが出てくる…教科書でおなじみの 美術展ナビ11月の人気記事トップ10

11月の美術展ナビの人気記事のトップ10です。ニューヨークからはるばる来日した西洋画の名品、そして新しい美術館のオープン、そして来年開催の大型展の発表と、注目の美術ニュースが上位に並びました。行きたいと思っていた美術展や

続きを読む
新着情報一覧へ戻る