NEW

【動画追加】「聖徳太子 日出づる処の天子」サントリー美術館で来年1月10日まで 太子が用いた「七星剣」など国宝9件

聖徳太子が佩用したとされる国宝「七星剣」(飛鳥時代・7世紀、四天王寺)と太子伝来七種の宝物のひとつ国宝「懸守」(平安時代・12世紀、四天王寺)

2021年は聖徳太子(574~622年)の1400年遠忌おんき聖忌せいき)にあたり、太子ゆかりの寺院では周年を迎える22年にかけて、100年に一度の盛大な法会や記念事業が行われている。太子信仰の中核を担ってきた大阪・四天王寺の寺宝を中心に、関東など各地で造られたさまざまな太子像や太子信仰のゆかりの品々を紹介する特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」が11月17日(水)からサントリー美術館(東京・六本木)で始まった。2022年1月10日まで。

*内覧会の動画を追加しました。

サントリー美術館 開館60周年記念展 千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」
会場:サントリー美術館(東京・六本木)
会期:2021年11月17日(水)~2022年1月10日(月・祝)
開館時間:10:00~18:00(金曜・土曜および11月22日(月)、1月9日(日)は10:00~20:00)(※いずれも入館は閉館の30分前まで)
休館日:火曜日(11月23日、1月4日は開館)、12月28日~1月1日
観覧料:一般1500円、大学・高校生1000円
アクセス:東京メトロ・都営地下鉄大江戸線「六本木」駅より直結、東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩3分
詳しくは展覧会公式ホームページ

開幕前日の内覧会を取材しました

11月17日(水)からサントリー美術館(東京・六本木)で始まる「聖徳太子 日出づる処の天子」展。内覧会に伺いました。今年は太子の千四百年御聖忌という大きな節目で、様々な展覧会や催しが開催されました。その掉尾ちょうびを飾るに相応しい充実の内容です。

(右)東京展のみ展示の重要文化財「聖徳太子童形立像(孝養像)」(鎌倉時代・14世紀、茨城・善重寺)

七星剣など国宝9件

国宝9件、重文33件。大阪・四天王寺に伝わる国宝「七星剣」は太子佩用の伝承を持つ国内屈指の古刀。飛鳥時代(7世紀)に遡ります。刀剣ファン必見でしょう。

(右)国宝「七星剣」(飛鳥時代・7世紀、四天王寺)は北斗七星などが金象嵌されている
100年に一度の聖忌だから出展が実現した宝物が並ぶ会場。(手前)四天王寺の最重要の宝物である国宝「四天王寺縁起(根本本)」(平安時代・11世紀、四天王寺、展示期間11月17日~12月13日)
(手前)国宝「扇面法華経冊子 巻第一」(平安時代・12世紀、四天王寺、展示期間11月17日~12月13日、12月15日からは巻第七)。(中央)国宝「金銅威奈大村骨蔵器」(白鳳時代・慶雲4年(707年)、四天王寺、展示期間11月17日~12月13日)

今なお親しまれる太子信仰

展覧会のテーマは「今なお親しまれる太子信仰の世界を紐解く」。時代とともに変身を繰り返しつつ、常に人々が希望を託す存在でした。絵画や彫像などその多彩な表現に、それぞれの真剣な願いを感じます。

太子の<年齢順>に各地で造られた太子像が並び太子の成長がわかる展示
壁一面を使って展示されている「聖徳太子絵伝」(室町時代・15世紀、京都・華道家元池坊総務所)
(右)重要文化財「聖徳太子勝鬘経講讃坐像」(桃山時代・17世紀、兵庫・中山寺)

各地の太子信仰

宮城の天王寺など、四天王像の展示も迫力ありました。

度重なる災害や戦災などで四天王寺では創建当時の金堂安置の救世観音像は残っていない。しかし太子信仰の広がりで全国には模した仏像が残っている。その一つ「如意輪観音半跏像」(中央)と「四天王立像」(平安~桃山時代、宮城・天王寺)

山岸凉子「日出処の天子」の原画も

こちらも大いに注目!山岸凉子さんの名作「日出処の天子」原画です。現代に相応しい太子像を創造しました。こうして継承と更新を繰り返し、これからも聖徳太子は私たちの中で生き続けるのでしょう。

多彩なグッズの数々。これはほしくなりますね。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

主な出品作品や展示構成はこちらの記事でご確認ください。

【プレビュー】千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」 サントリー美術館で11月17日開幕

直前の記事

NEW

【プレビュー】「長い間、日本を夢見ていた」――ミロの見方が変わる! ミロと日本の深いつながりを見せてくれる世界初の大規模展 「ミロ展-日本を夢みて」 Bunkamuraで来年2月11日開幕

「ミロ展-日本を夢みて」 会場:Bunkamura ザ・ミュージアム 会期:2022年2月11日(金・祝)~4月17日(日) 休館日:2月15日、3月22日 アクセス:東京都渋谷区道玄坂、JR渋谷駅から徒歩7分、東京メト

続きを読む
新着情報一覧へ戻る