東京の冬の風物詩「けやき坂イルミネーション」始まる 美術館巡りと合わせていかが?

六本木ヒルズ(東京都港区)で、東京の冬の風物詩としておなじみの「けやき坂イルミネーション」がスタート。400メートル続くけやき坂では、「SNOW&BLUE」の約70万個のLEDが並木道を彩りました。遠くに東京タワーを望む美しい眺めに、行きかう人たちがスマホのカメラを向けていました。

六本木地区は都内でも有数のアート集積地。六本木ヒルズの森美術館、東京シティービュー、森アーツセンターギャラリーでは、それぞれ「アナザーエナジー展」、「サンリオ展」、「『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴原画展」を開催中。六本木通りをはさんで国立新美術館では「庵野秀明展」でにぎわっています。また、東京ミッドタウン内のサントリー美術館では11月17日から「聖徳太子 日出づる処の天子」展が始まります。

展覧会の行きかえりに光の饗宴はいかがでしょう。イルミネーションは12月25日(土)まで。17時~23時。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

◇あわせて読みたい

「鬼滅の刃 吾峠呼世晴原画展」原画450点以上が六本木ヒルズに全集中!

キャリア50年超の女性アーティスト16人 たゆまぬ情熱に圧倒される喜び 「アナザーエナジー展」 森美術館

「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」1歩目から衝撃!キティちゃんから『いちご新聞』まで800点

庵野秀明展 トップクリエイターの全容と軌跡! 国立新美術館で12月19日まで

千四百年御聖忌記念特別展「聖徳太子 日出づる処の天子」 サントリー美術館で11月17日開幕

直前の記事

週末いきたい!動物の絵や日本のモダンデザインなど終了間際の美術館の展覧会8選 

芸術の秋――。全国の美術館や博物館では秋の展覧会が開催されています。その中から11月中に終了する美術展をピックアップしました。例えば緊急事態宣言の出ていた9月スタートの美術展は、気になってはいたけど行きにくいと思っていた

続きを読む
新着情報一覧へ戻る