少女マンガの王道を歩んで半世紀 くらもちふさこ展 デビュー以来初の個人展覧会 弥生美術館で来年1月29日開幕

「いつもポケットにショパン」『別冊マーガレット』(集英社)1980年4月号 表紙 ©くらもちふさこ/集英社

展覧会名:デビュー50周年記念 くらもちふさこ展

会期:2022年1月29日(土)~5月29日(日)

会場:弥生美術館(東京都文京区弥生、東京メトロ千代田線「根津」駅、南北線「東大前」駅よりいずれも徒歩7分)

休館日:月・火曜日(※ただし3月21日、5月2、3日は開館)

開館時間:午前10時30分~午後4時30分(入館は午後4時まで)

入館料:一般1000円、大・高生900円、中・小生500円(※入館にはオンラインによる事前予約<日時指定>が必要)(※竹久夢二美術館とニ館併せて鑑賞可)

ホームページ(https://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

「別マ」の看板作家、繊細な心理描写、大胆な画面構成

ラブストーリーを中心に、繊細な心理描写と大胆な画面構成、独創的な表現方法で少女マンガ史に燦然と輝く名作を生みだしてきた巨匠。デビュー以来、50年の画業を網羅する単独初個展です。

デビューは1972年。「おしゃべり階段」「いつもポケットにショパン」などで人気を確立し、70年代から80年代にかけて黄金時代を築いた「別冊マーガレット」(集英社)の看板作家として大活躍しました。当時の「別マ」といえばくらもちさんをはじめ聖千秋、多田かおる、槇村さとる、紡木たくらスター作家が目白押しで、懐かしく思い出す方も多いでしょう。

「おしゃべり階段」単行本1巻カバー 1979年 集英社/発行 ©くらもちふさこ/集英社
ドラマレコード「いつもポケットにショパン」ジャケット 1980年 フィリックスレコード/発売 ©くらもちふさこ/集英社

代表作の「いつもポケットにショパン」は1980年から81年にかけて「別マ」に連載。ピアノの演奏シーンなどで独創的な表現を次々に編み出し、登場人物の内面を細やかに描いて高く評価されました。2018年に放送されたNHKの朝ドラ「半分、青い。」では作品名がそのまま登場し、話題を呼んだのも記憶に新しいところです。

「東京のカサノバ」『別冊マーガレット』(集英社)1983年10月号 扉 ©くらもちふさこ/集英社
「東京のカサノバ」『別冊マーガレット』(集英社)1984年2月号 扉 ©くらもちふさこ/集英社

「東京のカサノバ」も、くらもちさんの代表的作品のひとつ。主役の兄妹の複雑な心理の描き方や東京の街の様々な表情、華やかなファッションの表現など、卓越したセンスを発揮しました。

「海の天辺」単行本1~4巻カバー 1989~1990年 集英社/発行 ©くらもちふさこ/集英社
「天然コケッコー」『コーラス』(集英社)1994年8月号 扉 ©くらもちふさこ/集英社
「天然コケッコー」『コーラス』(集英社)1994年7月創刊号 記念テレホンカード(懸賞) ©くらもちふさこ/集英社

キャリアを重ねてさらに進化を遂げました。第20回講談社漫画賞を受賞した「天然コケッコー」は田園風景やこどもたちの描出が印象的。2007年には実写映画化されました。

「花に染む」単行本8巻カバー 2016年 集英社/発行 ©くらもちふさこ/集英社

第21回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した「花に染む」。心理描写は一層、繊細になり、シリアスなタッチでファンを魅了しました。

展示原画数は計350点

展覧会ではこれら代表作の貴重な原画を一挙に展示。4回にわたる展示替えを行い、合計の展示原画数は約350点に及びます。その他雑誌、単行本など展示総数は約400点。カラーイラストや、これまで展示されたことのない貴重なカラーページなども多数展示します。会場限定となる描き下ろしメッセージも紹介。オリジナルグッズやコラボドリンクも登場予定です。

なお作品保護のため会期中にカラー原画と一部作品の展示替えを実施します。日程は以下の通りです。

Ⅰ期/1月29日(土)~2月27日(日)

Ⅱ期/3月2日(水)~3月27日(日)

Ⅲ期/3月30日(水)~4月24日(日)

Ⅳ期/4月27日(水)~5月29日(日)

画集も発売

展覧会にあわせて、くらもちさんの50年にわたる画業を詰め込んだ画集「THE くらもちふさこ」(仮題、集英社)の発売が決定。作家自身がセレクトしたお気に入りのイラストのページや、思い出を語ったコメントも。巻末には聖千秋さんとの対談も収録。2022年1月に発売予定です。

自画像(くらもちふさこ) ©くらもちふさこ/集英社

くらもちふさこ 1955年東京生まれ。1972年、『別冊マーガレット』に「メガネちゃんのひとりごと」でデビュー。代表作に「おしゃべり階段」「いつもポケットにショパン」「東京のカサノバ」「A-girl」「海の天辺」「天然コケッコー」「花に染む」など。現在『ココハナ』(集英社)でエッセイマンガ「とことこクエスト」を連載中。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【プレビュー】原石からジュエリーまで、宝石のすべてが分かる―― 特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」 国立科学博物館で来年2月開幕

特別展「宝石 地球がうみだすキセキ」 会場:国立科学博物館 会期:2022年2月19日(土)~6月19日(日) アクセス:東京都台東区上野公園、JR上野駅公園口から徒歩5分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅7番出口から徒

続きを読む
新着情報一覧へ戻る