芸術新潮の11月号は大規模展開催で注目の「メトロポリタン美術館」を特集

雑誌「芸術新潮」の2021年11月号が10月25日(月)に発売されました。今号の特集は、「5人の達人とゆく メトロポリタン美術館 西洋絵画ワンダーランド」。アメリカのメトロポリタン美術館は、世界有数の美術コレクションを誇り、通称「メット」で知られています。11月から大阪市立美術館で、来年2月からは国立新美術館で開催される「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」で注目を集める中、メットとそのコレクションの魅力を深く知ることができる特集です。

担当編集者の田中樹里さんは、以下のように話しています。

メットには、古代エジプトや日本の古美術の充実した展示もありますが、今回の展覧会は、ルネサンスから後期印象派までの西洋絵画の名作に焦点を当てたもの。
もともとヨーロッパに憧れる新興国アメリカの富豪たちが作った美術館ですから、やはり西洋絵画こそがコレクションの核だと思います。
来日する作品は信じられないような贅沢なラインナップで、内覧会に行くのが今から楽しみです。

特集では、聖母像、風俗画、肖像画、ヌード画、印象派という五つの切り口で、それぞれの専門家に解説していただきました。
聞き手はアートテラーのとに~さん。
とに~さんは話術のエキスパートだけあって、熱く語る余り暴走しがちな先生方のお話をとてもうまくまとめてくれました(笑)。
すごく楽しいインタビューになっていると思いますよ。

今号ではほかにも、展示品総数1500点超という圧巻の「庵野秀明展」(国立新美術館で開催中)について10ページにわたり特集しています。

定価1500円。購入は、書店や芸術新潮のサイトから各インターネット書店で。
(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

あわせて読みたい

【プレビュー】巨匠の大作、一挙来日「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」 大阪市立美術館で11月13日開幕、国立新美術館では来年2月9日から


【開幕】庵野秀明展 アニメにとどまらないトップクリエイターの全容と軌跡! 国立新美術館で12月19日まで

直前の記事

【BSフジ・アートフルワールド】NFTは世界を変える? 11月13日放送

『アートフルワールド~たぶん、すばらしき芸術の世界』 ♯12 NFTは世界を変える? 11月13日(土)12時30分~12時55分 (10月23日に初回放送の再放送) 『アートフルワールド』番組ホームページ 急速に世界の

続きを読む
新着情報一覧へ戻る