週末いきたい! 骨喰藤四郎、村正、ニッカリ青江 「刀剣」がきらめく美術館の展覧会4選

重要文化財 刀 金象嵌銘 永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀/織田尾張守信長(名物義元左文字) 南北朝時代 14世紀 建勲神社蔵 (刀剣 もののふの心展の内覧会で) 美術展ナビ撮影

いま、刀剣(日本刀)がブームです。人気ゲームをきっかけに広まった盛り上がりは一過性でなく、美術鑑賞の人気ジャンルとして定着してきた趣きがあります。名のある刀剣を展示する全国の美術展・展覧会を紹介します。

「刀剣 もののふの心」(サントリー美術館)

9月15日にサントリー美術館(東京・六本木)で開幕した今展は、名物膝丸・薄緑(大覚寺)、名物義元左文字(建勲神社)、名物骨喰ほねばみ藤四郎(豊国神社)が通期展示されているほか、10月6日からは名物秋田藤四郎(京都国立博物館)が展示されています。会期は10月31日まで。

【開幕】義元左文字、膝丸、骨喰藤四郎が一堂に「刀剣 もののふの心」サントリー美術館で10月31日まで

10月6日から秋田藤四郎が見参!「刀剣 もののふの心」(サントリー美術館)で膝丸、義元左文字、骨喰藤四郎とそろい踏み

「『刀』―刀剣を愛でる―」展(香雪美術館)

朝日新聞社の創業者・村山龍平(18501933)が集めた古美術コレクションから、刀剣をテーマにした「『刀』―刀剣を愛でる―」展が113日まで香雪美術館(神戸市)で開かれています。茶道具で知られる村山コレクション。甲冑などの武具の一部として展示はされていたが、「刀」というテーマでまとまって展示されるのは、実はこれが初めて。これまであまり知られていない「村正」も展示されています。

「『刀』―刀剣を愛でる―」展(香雪美術館)朝日新聞創業者の村山龍平が集めた日本刀の輝き

「名刀見参ー京極家の宝刀ニッカリ青江公開ー」(丸亀市立資料館)

ゲームでも人気の「ニッカリ青江」を公開する企画展「名刀見参ー京極家の宝刀ニッカリ青江公開ー」が10月16日から香川県の丸亀市立資料館で始まりました。11月21日まで。

丸亀市HPより

国宝 福岡一文字吉房など (東京国立博物館)

東京国立博物館の総合文化展(常設展)では、国宝「福岡一文字吉房」、国宝「来国光」、国宝「相州貞宗(名物 亀甲貞宗)」が11月7日まで展示されています。11月9日からはゲームでも人気の国宝「三条宗近(名物 三日月宗近)」などが展示されます。
(読売新聞デジタルコンテンツ部)

直前の記事

【レビュー】緻密な絵と構成が誘う不思議な読後感 「描くひと 谷口ジロー展」 世田谷文学館(東京・世田谷)で始まる

近年『孤独のグルメ』や『歩くひと』がテレビドラマ化され、注目を集めている漫画家・谷口ジロー(1947-2017)。自筆原画など約300点で谷口の世界を紹介する展覧会が世田谷文学館で始まった。緻密な作画や構成によって描き出

続きを読む
新着情報一覧へ戻る