しなやかに美しく、魂を揺さぶる女性を描く「丁子紅子展 -篝火。-」 10月30日から、京都で

 

展覧会名:丁子紅子展 -篝火。-
会場:ジェイ・スピリットギャラリー(京都市中京区衣棚通三条上ル突抜町126「ちおん舎」内)
会期:2021年10月30日(土)~11月7日(日)
休館日:11月2日(火),5日(金)
開館時間:午前11時~午後6時(最終日は午後4時まで)
入場料:無料
詳しくはギャラリーHP

しなやかに美しく、そして魂を揺さぶる女性を描いて、注目が高まっている丁子紅子(ちょうじ・べにこ)さんの京都で初めての個展「-篝火(かがりび)。-」が10月30日から開かれます。17点の作品が展示されます。

これまでは都内百貨店、ギャラリーを中心に日本画の作品を発表してきました。 日本画以外にも、本の装丁、CDジャケットアートワークから、アパレルや眼鏡ブランドなどとのコラボレーションなど幅広いを行っています。

丁子紅子さん

1991年、埼玉県生まれ 。2013年女子美大芸術学部絵画学科日本画専攻卒業。 2019年、現代童画大賞受賞。 現在現代童画会委員。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る