NEW

「『刀』―刀剣を愛でる―」展(香雪美術館)朝日新聞創業者の村山龍平が集めた日本刀の輝き

名刀が並ぶ会場

朝日新聞社の創業者・村山龍平(18501933)が集めた古美術コレクションから、刀剣をテーマにした「『刀』―刀剣を愛でる―」展が113日まで香雪美術館(神戸市東灘区)で開かれている。
昨年、公益財団法人香雪美術館の理事長を務めた故・村山美知子氏(19202020)から、村山家所蔵のコレクションが同法人に一括で寄贈された。香雪美術館では、これらの受贈作品を今年度、テーマごとに紹介するシリーズ展を開催し、その第3弾が94日から始まった「刀」展だ。

茶道具で知られる村山コレクション。甲冑などの武具の一部として展示はされていたが、「刀」というテーマでまとまって展示されるのは、実はこれが初めてと、香雪美術館の郷司泰仁学芸員は話す。

村山龍平の出身地の田丸城跡(三重県玉城町)

 村山龍平は、伊勢国 田丸(三重県)の武士の家に生まれ、大阪に移り、実業家として成功した。古美術を集め出したのも、刀剣からだった。刀剣コレクションは約800本にのぼったが、基本的に「1刀工に1つ」(郷司学芸員)で、日本刀を幅広く網羅するように集めていたという。

「太刀 銘 国吉」 鎌倉時代

そうした中で、村山があえて「複数」持っていた刀も注目される。例えば、桑名(三重県)の名刀「村正」だ。出身の三重県でつくられた刀は複数集めており、出身地への思いが見られるという。

「短刀 銘 村正」室町時代

特にこの村正は、近年行われた村正がテーマの展覧会などでも紹介されておらず、貴重な鑑賞の機会となる。

「刀 銘 備州長船佑定/永正四年二月日」室町時代

月曜休館、113日(水・祝)まで。詳しくは香雪美術館のHPで。

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

あわせて読みたい

6日から秋田藤四郎が見参!「刀剣 もののふの心」(サントリー美術館)で膝丸、義元左文字、骨喰藤四郎とそろい踏み

 

【開幕】義元左文字、膝丸、骨喰藤四郎が一堂に「刀剣 もののふの心」サントリー美術館で10月31日まで

 

直前の記事

【開幕】竹中大工道具館との共同企画「木組 分解してみました」国立科学博物館で11月24日まで

国立科学博物館・竹中大工道具館共同企画展 「木組 分解してみました」が10月13日から、国立科学博物館(東京・上野公園)で開催されます。世界に誇る日本の職人の技である「木組きぐみ」の魅力と見た目にはわかりにくい高い技術を

続きを読む
新着情報一覧へ戻る