【開幕】竹中大工道具館との共同企画「木組 分解してみました」国立科学博物館で11月24日まで

国立科学博物館・竹中大工道具館共同企画展 「木組 分解してみました」が10月13日から、国立科学博物館(東京・上野公園)で開催されます。世界に誇る日本の職人の技である「木組きぐみ」の魅力と見た目にはわかりにくい高い技術を紹介します。11月24日まで。

木組 分解してみました
会期:2021年10月13日~11月24日
会場:国立科学博物館 日本館1階企画展示室および中央ホール
休館日:月曜日
開館時間:午前9時~午後5時(入館は閉館時刻の30分前まで)
入館料:一般・大学生630円 *常設展示入館料のみでご覧いただけます
*入館にはオンラインによる事前予約が必要
問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
JR上野駅公園口から徒歩5分
詳しくは展覧会公式サイト

開幕前日の内覧会を取材しました

10月13日(水)から国立科学博物館(上野)で始まる「木組 分解してみました」展。内覧会に伺いました。大人も子どももワクワクする展示です!

竹中大工道具館の坂本忠規主任学芸員ら監修者による解説も熱がこもっていました

科博と竹中大工道具館(神戸)の共同企画。木と木を隙間なく組み合わせる木組は、小物入れから大規模建築まで幅広く使われる技術ですが、凄みが伝わりにくい。
だったら分解して作り手の美意識や技をじっくり見てもらおう、という狙いです。実際、複雑かつ精密な職人さんの手仕事に驚きの連続です。

大きいものではあの錦帯橋。小さいものでは指物と呼ばれる箱など。

錦帯橋の模型
接着剤を使わない「指物」

立体パズルを楽しむように

鎌倉の円覚寺舎利殿など有名建築の木組も模型で再現され、その精妙な構造に感嘆です。まさにジグソーパズル。

円覚寺舎利殿の組物の各パーツがどのように組み上げられているかをパネルで説明

「不思議な木組」のコーナーでは、代表的な立体パズルの木組を紹介。図解があっても頭がこんがらがること必至です。軒の隅で部材をきちんと納めるのは特に難しく、「大工と雀は軒で泣く」という言い回しがあるそうです。

本来なら実際に来場者が手にとって、はめたり外したりして体験してもらう予定だったとのこと

見事なのはCGを使った構造の解説。分かりやすく職人たちの技術の粋を見せてくれます。

多くの作品に用意されたCGアニメーションが「パズル」を読み解く助けになります

「木組 分解してみました」展は11月24日(水)まで。入館にはオンラインによる事前予約が必要です。両館の強みを活かした好企画です。
(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

内覧会で竹中大工道具館の坂本忠規・学芸部長(主任学芸員)が解説してくれた動画もご覧ください。

会場で流されている映像も、今展は特別にYouTubeで見ることができます。

直前の記事

スペイン出身の世界的アーティスト「ミケル・バルセロ展」から注目の3点を三重県立美術館の学芸員が紹介

10月24日まで三重県立美術館で開催されている「ミケル・バルセロ展」の見どころを、同館の坂本龍太学芸員に解説してもらいました。 同展は来年1月13日から3月25日まで、東京オペラシティアートギャラリーに巡回する予定です。

続きを読む
新着情報一覧へ戻る