【開幕】「語りの複数性」展 東京都渋谷公園通りギャラリーで12月26日まで

「語りの複数性」展が10月9日(土)から東京都渋谷公園通りギャラリーで始まります。入場無料で、12月26日まで。

語りの複数性
会場 東京都渋谷公園通りギャラリー(東京・渋谷)
会期 2021年10月9日(土)~12月26日(日)
休館日 月曜日
開館時間 11:00~19:00
入場無料
詳しくは同ギャラリーHP

開幕前日の内覧会を取材しました

あす10月9日(土)から東京都渋谷公園通りギャラリーではじまる「語りの複数性」展。内覧に伺いました。人出が戻ってきた公園通りの途中にあるこじんまりとした会場ですが、現代アーティスト8人による意欲的な展示が並び、ワクワクします。

こちらは小林紗織さんの《私の中の音の眺め》。音を聴いて浮かんだ情景を現代音楽の「図形楽譜」のように五線譜の上に描きます。全長30メートル!「お風呂の水を抜くときの音」「パチンコ屋の騒音」などモチーフは様々と。カラフルで躍動感があり、確かに「音を見ている」よう。

語る側、受け取る側。人の数だけ「語り」が存在します。展示を通じて様々な語りのあり方を想像します。こちらは遺品整理の仕事で見た孤独死の現場などをミニチュアで再現、話題の小島美羽さんの作品。《ごみ屋敷》《遺品の多い部屋》《終の棲家》。実に精巧です。

様々な「語り」の形

視覚、聴覚、触覚など様々な「語り」の形が示され、受け取る側の私たちも自然と五感をフル動員していきます。互いに「語る」ことが極端に不自由になったこの一年半余の時間のことも考えます。

「語りの複数性」展は12月26日(日)まで。建築家・中山英之さんによる会場構成もとてもユニークです。小規模ながらも見どころの多い、エキサイティングな展示。後日、レポートします。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【開幕】多岐にわたる仕事の全貌に迫る「和田誠展」 東京オペラシティアートギャラリーで 12月19日まで

イラストレーター、グラフィックデザイナーをはじめ映画監督、作詞・作曲家など様々な分野で活躍して、2年前の10月7日に83年間の生涯を閉じた和田誠の仕事の全貌に迫る回顧展が、10月9日(土)から、東京都新宿区の東京オペラシ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る