【開幕】「M式「海の幸」ー森村泰昌 ワタシガタリの神話」アーティゾン美術館で 「印象派ー画家たちの友情物語」も同時開催

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」ー森村泰昌 ワタシガタリの神話
会期:2021年10月2日〜2022年1月10日
会場:アーティゾン美術館(東京・京橋)
開館時間:10:00 ー 18:00(毎週金曜日は20:00まで)*入館は閉館の30分前まで
月曜日(1月10日は開館)、12月28日−1月3日
観覧料金 一般1,200円(ウェブ予約チケット)当日チケット(窓口販売)1,500円
大学生・専門学校生・高校生 無料 要予約
中学生以下 無料 予約不要
同時開催 石橋財団コレクション選「印象派ー画家たちの友情物語」など
詳細は館のサイト

開幕前日の内覧会を取材

ゴッホの自画像になりきる「セルフポートレイト」で知られる現代美術家・森村泰昌(1951年~)が、青木繁(1882~1911年)の代表作≪海の幸≫に挑む「M式「海の幸」―森村泰昌 ワタシガタリの神話」展があす10月2日(土)、アーティゾン美術館(東京・京橋)で開幕します。内覧会に伺いました。
アーティゾン美術館は石橋財団コレクションとアーティストの共演「ジャム・セッション」展を毎年開催し、今回が2回目。

青木繁≪海の幸≫1904年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
青木繁≪自画像≫1903年 石橋財団アーティゾン美術館蔵

「芸術表現におけるアレクサンダー大帝になりたい」と豪語し自信に満ち溢れていたものの、28歳の若さで亡くなった青木繁が1904年に描いた傑作≪海の幸≫をはじめ、同館所蔵の10点は強い個性を放っています。

青木繁≪大穴牟知命≫1905年 石橋財団アーティゾン美術館蔵

続きがある?

下書き線が残されるなど、未完成では?とも評価されてきた≪海の幸≫について、森村は、青木には完璧さとそれを壊そうとする<ふたりのあんた>がいたとします。10人のうち<ぜんぜん絵になってへん>左側の2人は<to be continued>だと。

森村泰昌《M式「海の幸」》2021年 作家蔵

その結果、あらたに創り出された≪M式「海の幸」≫は、海の幸から始まり、鹿鳴館風の洋装、戦争、東京五輪、学生運動、大阪万博、スクランブル交差点、そして未来へ、森村ひとりで85人もの登場人物を演じる、10点の連作”変装曲”となりました。

森村の作品は実写がベース。背景にはジオラマ、各時代に合わせた衣装は特注。コロナ禍で、本来は多くのスタッフで行うメイク、スタイリング、撮影を森村ひとりで行うことを逆手にとり、「純正のセルフポートレイト」となったとのこと。制作過程にただただ圧巻。

森村泰昌《M式「海の幸」ジオラマ01》(造形:田中之博、背景画:小池勝行、ジオラマ着色:森村泰昌)2021年 作家蔵
(右と中央)森村泰昌《衣装02》《衣装01》(監修:森村泰昌、製作:河本育子、石塚佳奈)2021年 作家蔵

同時開催で印象派展も


来年1月10日までの開催。
同じチケットで、ガラッと空気が異なる同時開催の「印象派ー画家たちの友情物語」も楽しめます。会場で配布される印象派の画家相関図(作・にしうら染)を見ながら鑑賞するといろいろな気付きがありました。

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

直前の記事

新着情報一覧へ戻る