【開幕】「谷崎潤一郎をめぐる人々と着物 事実も小説も奇なり」展 弥生美術館で

文豪を着物から読み解くーー。「谷崎潤一郎をめぐる人々と着物 事実も小説も奇なり」展が10月2日(土)に弥生美術館(東京・文京区)で開幕します。来年1月23日まで。

谷崎潤一郎をめぐる人々と着物 ~事実も小説も奇なり~
会期:2021年10月2日〜2022年1月23日
会場:弥生美術館(東京都文京区弥生2-4-3)
休館日:月曜日、火曜日、12月27日~1月3日※11月23日、1月10日は開館
観覧料金 一般1000円(事前予約制)
詳細は館のHP

開幕前日に取材しました

あす10月2日(土)から弥生美術館(東京・文京区)で始まる「谷崎潤一郎をめぐる人々と着物 事実も小説も奇なり」展。大雨の中取材に伺うと、館内は谷崎らしい濃密な空気に包まれていました。こちら(上の写真)は「痴人の愛」のナオミの装いを再現。奔放で大胆な彼女のキャラクターがリアルに伝わってきます。

谷崎作品の登場人物の装いを、田中翼氏のコレクションによるアンティーク着物で再現するというワクワクする試み。こちらはもちろん「細雪」の四姉妹。例えば三女の雪子はあの芯の強さを象徴するコーディネートと。4人揃ってお出かけとなれば、さぞや街の人の目を引いたでしょう。

文豪が袖を通した

谷崎本人や、松子夫人ら家族が袖を通した着物も展示されています。着物に強い愛着があり、登場人物のキャラクターを表現する要素としてその描写にもこだわった谷崎。センスのよい品々からその美学を体感できます。

波瀾万丈の生涯を挿絵で

谷崎の波瀾万丈の生涯を描いた挿絵が展示され、その完成度とリアルさに驚かされます。中河與一が谷崎の生涯を小説にした「探美の夜」で、田代光が制作した挿絵。こちらも見応えたっぷりです。

谷崎といえば作品や私生活を巡って世間から好奇の目で見られ、批判も受けましたが、その先進性は海外で高く評価されました。谷崎ファンはもちろん、彼の小説を読んだことの無い人でも十分に楽しめる展示です。文学に親しむきっかけになりそうです。

「谷崎潤一郎をめぐる人々と着物」展は2022年1月23日(日)まで。着物などの展示替えもあり、リピートしても楽しめます。後日、詳しく紹介します。
(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【プレビュー】 絵は人柄 開館55周年記念特別展「奥村土牛 -山﨑種二が愛した日本画の巨匠 第2弾-」 山種美術館(東京・広尾)で11月13日から開催

「絵は人柄である」。山種美術館の創立者・山﨑種二が自らの信念の元、その才能を見出して画業初期から支援、約半世紀にわたり親交を重ねた奥村土牛(1889-1990)。101年に及ぶ生涯で制作した作品から、山種美術館が所蔵する

続きを読む
新着情報一覧へ戻る