【プレビュー】 圧倒的な立体感の絵 深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」 上野の森美術館で12月2日開幕

金魚酒 命名 出雲なん 2019年

透明樹脂にアクリル絵具で描かれた金魚。まるで実物であるかのように見える「2.5D Painting」。圧倒的な立体感が見る者に迫る。

 

深堀隆介展 「金魚鉢、地球鉢。」 

上野の森美術館(東京・上野)

会  期  12月2日(木)~1月31日(月)

開館時間  午前10時~午後5時(展示室入場は午後4時30分まで)

休館日   12月31日、1月1日

入館料   未定

JR 上野駅公園口より徒歩3分、東京メトロ・京成電鉄上野駅より徒歩5分

詳しくは公式ホームページ

丹塗り椀 更紗 2011年

 

器の中に樹脂を流し込み、その表面にアクリル絵具で金魚を部分的に描き込み、さらにその上に樹脂を重ねてまた金魚の絵を描く。この作業を繰り返すことで絵が重なり、まるで生きているかのような金魚が表現される。放置していた水槽で生き続ける金魚を見てその美しさに打たれ、以後さまざまな手法で金魚の表現を追い求めてきた。絵でありながら立体的な躍動感にあふれた「深堀金魚」。約300点の作品を展示する。

Photo by Toshiyuki Okabe

 

金魚之間 2005年

 

(読売新聞事業局美術展ナビ編集班)

直前の記事

【プレビュー】――海を渡った女性デザイナー 世界初の大規模回顧展 「上野リチ:ウィーンから来たデザイン・ファンタジー」 三菱一号館美術館で来年2月開幕

  「上野リチ:ウィーンから来たデザイン・ファンタジー」 会場:三菱一号館美術館 会期:2022年2月18日(金)~5月15日(日) 休館日:月曜日、展示替えの4月12日も休館。ただし、トークフリーデー(2月2

続きを読む
新着情報一覧へ戻る