【プレビュー】巨匠の大作、一挙来日「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」 大阪市立美術館で11月13日開幕、国立新美術館では来年2月9日から

「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」に出展される ヨハネス・フェルメール《信仰の寓意》1670ー72年頃 The Friedsam Collection, Bequest of Michael Friedsam, 1931 / 32.100.18 ニューヨーク、メトロポリタン美術館

展覧会名:メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年

★大阪展:2021年11月13日(土)~2022年1月16日(日)

会場:大阪市立美術館(大阪市天王寺区、JR、地下鉄「天王寺」駅から徒歩)

休館日:月曜日(ただし1月10日は開館)

開館時間:9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで)

★東京展:2022年2月9日(水)~5月30日(月)

会場:国立新美術館(東京・六本木、東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線「六本木」駅から徒歩。東京メトロ千代田線「乃木坂」駅から直結

休館日:火曜日(ただし5月3日は開館)

開館時間:10時~18時(毎週金曜・土曜日は20時まで)※入場は閉館の30分前まで

「メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年」の展覧会公式サイト

©The Metropolitan Museum of Art, New York

世界屈指のミュージアム、ニューヨーク・メトロポリタン美術館の豪華なコレクションから、選りすぐりのヨーロッパの名画65点を紹介する。うち46点は日本初公開で、15世紀の初期ルネサンスから19世紀のポスト印象派まで500年の歴史を彩った巨匠たちの名作が並ぶ。フラ・アンジェリコ、ラファエロ、クラーナハ、ティツィアーノ、エル・グレコらから始まり、カラヴァッジョ、ジョルジュ・ド・ラ・トゥール、レンブラント、フェルメール、ルーベンス、ベラスケス、プッサン、ヴァトー、ブーシェらを経て、ゴヤ、ターナー、クールベ、マネ、モネ、ルノワール、ドガ、ゴーギャン、ゴッホ、セザンヌと続く時代順の3章構成。以下、主な作品を紹介する。

<Ⅰ.信仰とルネサンス>

イタリアと北方のルネサンスを代表する画家たちの名画17点を展示する。

フラ・アンジェリコ(本名 グイド・ディ・ピエトロ)《キリストの磔刑》1420-23年頃 Maitland F. Griggs Collection, Bequest of Maitland F. Griggs, 1943 / 43.98.5 ニューヨーク、メトロポリタン美術館
ラファエロ・サンツィオ(サンティ)《ゲッセマネの祈り》1504年頃 Funds from various donors, 1932 / 32.130.1 ニューヨーク、メトロポリタン美術館
ルカス・クラーハナ(父)《パリスの審判》1528年頃 Rogers Fund, 1928 / 28.221 ニューヨーク、メトロポリタン美術館

<Ⅱ.絶対主義と啓蒙主義の時代>

絶対主義体制が強化された17世紀から、啓蒙思想の18世紀へと進む。

カラヴァッジョ(本名 ミケランジェロ・メリージ)《音楽家たち》Rogers Fund, 1952 / 52.81 ニューヨーク、メトロポリタン美術館
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール《女占い師》おそらく1630年代 Rogers Fund, 1960 / 60.30 ニューヨーク、メトロポリタン美術館
ヨハネス・フェルメール《信仰の寓意》1670ー72年頃 The Friedsam Collection, Bequest of Michael Friedsam, 1931 / 32.100.18 ニューヨーク、メトロポリタン美術館
フランソワ・ブーシェ《ヴィーナスの化粧》1751年Bequest of William K. Vanderbilt, 1920 / 20.155.9 ニューヨーク、メトロポリタン美術館

<Ⅲ.革命と人々のための芸術>

19世紀の激動の時代。市民社会の発展に寄り添った名画の数々を見る。

オーギュスト・ルノワール《ヒナギクを持つ少女》1889年 The Mr. and Mrs. Henry Ittleson Jr. Purchase Fund, 1959 / 59.21 ニューヨーク、メトロポリタン美術館
エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》1890年頃 H. O. Havemeyer Collection, Bequest of Mrs. H. O. Havemeyer, 1929 / 29.100.42 ニューヨーク、メトロポリタン美術館
ポール・セザンヌ《リンゴと洋ナシのある静物》1891-92年頃 Bequest of Stephen C. Clark, 1960 / 61.101.3 ニューヨーク、メトロポリタン美術館
クロード・モネ《睡蓮》1916-19年 Gift of Louise Reinhardt Smith, 1983 / 1983.532 ニューヨーク、メトロポリタン美術館

こうした豪華な大型展、やはり心が浮き立つ。この展覧会の頃には、多くのファンが心置きなく会場を訪れることができる状況になっていてほしいものだ。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【プレビュー】――上田薫と現代の作家たちによる「リアルな絵画」を紹介 「上田薫とリアルな絵画」展 茨城県近代美術館で10月26日から

「上田薫とリアルな絵画」 会場:茨城県近代美術館 会期:2021年10月26日(火)~12月12日(日) 休館日:月曜休館 アクセス:水戸市千波町、JR水戸駅南口から徒歩約20分、北口8番のりば(平日は南口2番のりばから

続きを読む
新着情報一覧へ戻る