【開幕】「動物の絵」展 応挙、若冲、徳川家光、ピカソ 思わず笑みがこぼれる 府中市美術館で11月28日まで

「動物の絵」展(府中市美術館)

府中市美術館の開館20周年を記念する「動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり」が9月18日(土)から開催される。円山応挙、伊藤若冲などの日本美術からピカソ、ゴーギャンなど西洋美術まで、「動物の絵を描きたい」という強い思いが込められた作品を紹介する。前期、後期で大幅な入れ替えがある。11月28日まで。

府中市美術館 開館20周年記念
動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり
府中市美術館(東京都府中市浅間町1-3)
会期 2021年9月18日(土)~11月28日(日)
前期9月18日~10月24日 後期10月26日~11月28日
開館時間 午前10時~午後5時(入館は4時30分まで)
休館日 月曜日=9月20日(月・祝)は開館、9月21日は休館
入館料 一般1000円、高校生・大学生500円、小学生・中学生200円 2度目は半額となる
京王線東府中駅から徒歩17分
詳しくは同館ホームページ ハローダイヤル 050(5541)8600

開幕前日の内覧会レポート

あす9月18日(土)に府中市美術館(東京都)で開幕する「動物の絵」展の内覧会に伺い、ノックアウトされてきました。
いきなり、若冲の巨大なゾウ!
締めに、徳川家光のヘタウマうさぎ!
応挙のモフモフな子犬!

(上)伊藤若冲「象と鯨図屏風」(MIHO MUSEUM蔵)(左下)徳川家光「兎図」(個人蔵)(右下)円山応挙「藤花狗子図」(個人蔵)。3点とも前期展示

会場は飾り気のない入り口。少し歩いていくと伊藤若冲!
これほど大きな「象と鯨図屏風」(MIHO MUSEUM蔵)を飾れる展示スペースを持つ地域の美術館があるのは素晴らしいことです。

模本ですが、内藤湖南が画家に依頼して作成させた「鳥獣戯画」(模本)と、近年注目されている江戸時代の絵師・鍬形蕙斎「鳥獣略画式」 を見比べるのも面白いです。

鳥獣戯画(模本)個人蔵 通期展示
鍬形蕙斎「鳥獣略画式」(個人蔵)通期展示

伝・雪村の竹虎図、若冲の鶏図、尾形光琳の鷺図。そうそうたる巨匠3人の作品が並びますが、それぞれの動物たちの姿勢や表情がなんともユーモラス。

上段の写真右から伝 雪村周継「竹虎図」(東京藝術大学蔵)、伊藤若冲「鶏図」(個人蔵)、尾形光琳「鷺図」(個人蔵)いずれも前期展示。下段の写真は伊藤若冲「鶏図」(個人蔵)

ヘタウマ将軍・徳川家光は、6点(前期)が集まり、なんとコーナー化されています。
解説文を読むと家光はけっしてヘタだったのではないことが丹念に説明されていました。

徳川家光「兎図」(個人蔵)前期展示
徳川家光「枯木に木菟図」(個人蔵)前期展示
「家光の部屋」

とどめの最後の部屋が、円山応挙を中心に、「犬も一茶」という神秘的な言葉とともに描かれた小林一茶の子犬図や禅僧・仙厓の犬か豚か迷う犬図など、ぐるぐる何周もしたくなる《子犬の絵画》コーナーです。

円山応挙「藤花狗子図」(個人蔵)前期展示
小林一茶「子犬図」(個人蔵)前期展示
仙厓義梵「犬図」(福岡市美術館 石村コレクション)前期展示
「子犬の絵画」コーナー

日本画に焦点を当ててきましたが、ピカソやゴーギャン、藤田嗣治など西洋画も充実しています。

ミュージアムグッズもカワイイ。
公式図録は、講談社から一般の書籍として刊行されています。遠方の方はお近くの書店やネット書店などで探してみてください。


(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

合わせて読みたい

徳川家光の絵についての記事

鍬形蕙斎についての記事

直前の記事

京菓子コラボレーション 福田美術館×有斐斎弘道館 「蕪に双鶏図」をイメージ

京都市の福田美術館と嵯峨嵐山文華館で開催中の「京のファンタジスタ ~若冲と同時代の画家たち」展(10月10日まで)にちなみ、若冲と同じ18世紀の京都で活躍した儒者・皆川淇園(みながわきえん)の学問所である「有斐斎弘道館(

続きを読む
新着情報一覧へ戻る