【プレビュー】木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」展 福田美術館と嵯峨嵐山文華館で10月23日から

木島櫻谷《細雨・落葉》福田美術館蔵 (前期・福田美術館、後期・嵯峨嵐山美術館)

展覧会名:木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」

会期:2021年10月23日(土)~2022年1月10日(月・祝)

     前期:10月23日(土)~11月29日(月)

     後期:12月 1日(水)~2022年1月10日(月・祝)

会場:福田美術館(京都市右京区天龍寺芒ノ馬場町、JR山陰本線「嵯峨嵐山」駅徒歩12分、阪急嵐山線「嵐山」駅徒歩11分、嵐電=京福電鉄=「嵐山駅」徒歩4分)、嵯峨嵐山文華館(京都市右京区天龍寺芒ノ馬場町、福田美術館から徒歩2分)
開館時間:10:00~17:00(最終入館 16:30)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌平日)
入館料:(二館共通券)一般・大学生2000円、高校生1000円、小中学生550円、障がい者と介添人1名まで各1000円

近年、人気が高まっている近代京都画壇の巨匠、木島櫻谷(1877-1938)。動物画や花鳥画、人物画、歴史画など幅広いジャンルでその技を究めた。本展では各地で発見された52点の新出作品をはじめ、文展・帝展出品作品も含めた合計100点以上を2館で展示。画業の全容を紹介する、かつてない規模の展覧会になる。

第1会場 福田美術館

文展の出品作《駅路之春》や《和楽》、110年ぶりの公開となる《細雨・落葉》など57点を展示する。櫻谷を一躍有名にした動物画をはじめ、人物、山水などの作品を通じて画家としての足跡をたどる。

木島櫻谷《駅路之春》右隻 福田美術館蔵(通期・福田美術館)
木島櫻谷《駅路之春》左隻 福田美術館蔵 (通期・福田美術館)
木島櫻谷《春園閑興図》福田美術館蔵 (通期・福田美術館)
木島櫻谷《画三昧》櫻谷文庫蔵 (後期・福田美術館)
木島櫻谷《和楽》右隻 京都市美術館 (後期・福田美術館)
木島櫻谷《和楽》左隻 京都市美術館蔵 (後期・福田美術館)
木島櫻谷《婦女図屏風》右隻(部分) 福田美術館蔵 (前期・福田美術館、後期・嵯峨嵐山文華館)
木島櫻谷《獅子》櫻谷文庫蔵 (後期・福田美術館)
木島櫻谷《灰燼》愛知県立美術館蔵 (後期・福田美術館)

第2会場 嵯峨嵐山文華館

「おうこくさん」と衣笠村の画家たち

37歳のころ、櫻谷は京都市北西の衣笠へと移住。晩年は趣味の漢詩に心を寄せつつ、制作に励んだ。公益財団法人櫻谷文庫の全面協力を得て、「おうこくさん」の人となりが偲ばれる作品や遺品を展示する。櫻谷に続いて衣笠に拠点を移した菊池芳文、菊池契月、堂本印象、福田平八郎らの作品も紹介する。

木島櫻谷《蓬莱山》下御霊神社蔵 (通期・嵯峨嵐山文華館)
木島櫻谷《鴉群飛図》福田美術館蔵 (前期・嵯峨嵐山文華館)
木島櫻谷の帽子、トランク、時刻表 櫻谷文庫蔵 (通期・嵯峨嵐山文華館)

生前の寵児ぶりとその後の落差、そして近年の急激な復権と、再評価が進む作家としては最右翼の存在といってもよい櫻谷。「おうこくさん」の全体像をしっかりと見届けたい。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【開幕】「ロニ・ホーン」展 国内初の個展 ポーラ美術館(箱根)で2022年3月30日まで

「ロニ・ホーン:水の中であなたを見るとき、あなたの中に水を感じる?」展が9月18日(土)からポーラ美術館(箱根)で開かれる。ロニ・ホーン(1955年~)はアメリカの現代美術を代表する女性アーティストで、日本では初の個展と

続きを読む
新着情報一覧へ戻る