【レビュー】美の手法を追い求めた二人 開館55周年記念特別展「速水御舟と吉田善彦 -師弟による超絶技巧の競演-」 山種美術館(東京・広尾)で開催中

速水御舟 《名樹散椿》【重要文化財】1929(昭和4)年 紙本金地・彩色 山種美術館  金砂子を何度も撒いて擦りつぶしていく、「撒きつぶし」という技法が使われている。

日本画の手法を追い求めた速水御舟(1894-1935)と吉田善彦(19122001)。師弟である二人の超絶技巧により生み出された、山種美術館コレクションの「顔」とも言うべき作品を中心に、同館所蔵以外のもの合わせて63点が展示されている。

開館55周年記念特別展「速水御舟と吉田善彦 -師弟による超絶技巧の競演-」 

山種美術館(東京・広尾) 

会  期  9月9日(木)~11月7日(日)

開館時間  午前10時~午後4時  土・日・祝日は午前10時~午後5時(入館はいずれも閉館30分前まで)  

※今後の状況により変更することも

休館日   月曜日=9月20日(月・祝)は開館、9月21日は休館

入館料   一般1300円ほか 中学生以下無料

JR恵比寿駅西口・地下鉄日比谷線恵比寿駅 2番出口より徒歩約10分

詳しくは同館ホームページ

第1章 速水御舟-日本画の挑戦者-

速水御舟 《錦木》 1913(大正2)年 絹本・彩色 山種美術館  御舟19歳の時の作品

 

「絵画修業の道程に於て一番私が恐れることは型が出来ると云うこと」と述べた御舟の、挑み続けた技法と変化していく画風に沿って展示は流れていく。墨のにじみやぼかしなどの特性を生かした技法、写実を突き詰めた時代、黄土や群青といった色へのこだわりとそれを脱した絵、琳派の構図を取り入れた屏風…。展示の説明もていねいで御舟の技法へのこだわりと画風の変化がよく分かる。

速水御舟 《山科秋》 1917(大正6)年 絹本・彩色 山種美術館

 

速水御舟 《桃花》 1923(大正12)年 紙本金地・彩色 山種美術館  長女の初節句のために描かれた。中国・宋時代の「折枝画」の様式に則って描かれている。左端には宋の皇帝・徽宗の書体である痩金体にならった落款がある。

 

速水御舟 《春昼》 1924(大正13)年 絹本・彩色 山種美術館  繊細で緻密な筆致から発表当時「刺繍のような労作」と評されたという。

 

速水御舟  《粧蛾舞戯(しょうがぶぎ)》(左) 昆虫二題《葉蔭魔手(よういんましゅ)》(右)  1926(大正15)年 絹本・彩色 山種美術館

速水御舟 《翠苔緑芝》 1928(昭和3)年 紙本金地・彩色 山種美術館  琳派の構図を取り入れた金地屏風。

 

速水御舟 写生帖 1931(昭和6)年 紙本・鉛筆・色鉛筆・淡彩 山種美術館

 

速水御舟 《和蘭陀菊図》 1931(昭和6)年 絹本・彩色 山種美術館   近年の調査で西洋の顔料である淡口コバルト紫と濃口コバルト紫を使っていたことが分かった。

 

照明を落とした第二展示室に入ろうとすると、正面の《炎舞》が目に飛び込んでくる。闇の中から立ち昇る炎のバチバチという音が聞こえてきそうだ。だが、実際の室内は音ひとつない。闇の中で舞う炎と蛾。御舟が「二度と出せない色」と語った深い闇を背にした炎に引き込まれて、自分が蛾になってしまったかのようだ。

速水御舟 《炎舞》【重要文化財】1925(大正14)年 絹本・彩色 山種美術館

第2章 吉田善彦-御舟に薫陶を受けた画家-

善彦は17歳で親戚の御舟に弟子入りする。御舟に師事したのは御舟が急逝するまでの6年間という短い期間だったが、制作姿勢や実験的な試みに接することができた。戦中・戦後は法隆寺金堂壁画の模写にも参加した。古画の風化した美しさを追求するようになり、金箔ともみ紙を使った「吉田様式」と呼ばれる独自の世界を生み出す。この様式を初めて用いた《桂垣》や《寒林》、《青木原》、《雪原》、《東大寺講堂跡》、《春暁阿蘇》など山種美術館所蔵以外のものも含め展示している。

吉田善彦 《塔》 1942(昭和17)年 紙本・彩色 山種美術館  © Noriko Yoshida 2021 /JAA2100171
法隆寺金堂壁画模写事業に助手として参加していた期間に描かれた。この事業に参加して「第二の故郷」と述べるほど奈良に魅了されることになる。

 

彩色した紙をもみほぐして金箔を被せ、さらに淡い色彩を施す「吉田様式」と呼ばれる手法で描かれた絵。あわあわとした輪郭で、柔らかい不思議な光を放っていた。

吉田善彦 《春暁阿蘇》 1980(昭和55)年 紙本・彩色 © Noriko Yoshida 2021 /JAA2100171

 

(読売新聞事業局美術展ナビ編集班・秋山公哉)

直前の記事

新着情報一覧へ戻る