「アナザーエナジー展」を来年1月16日まで会期延長 森美術館

森美術館の会場入り口

森美術館(東京・六本木)で9月26日(日)閉幕予定の「アナザーエナジー展:挑戦しつづける力-世界の女性アーティスト16人」は会期を延長し、来年1月16日(日)まで開催を続ける。同美術館が9月14日、発表した。

同展はキャリア50年を超える世界の女性アーティスト16人を紹介する内容。4月22日に開幕したが、直後の4月25日から5月31日にかけて、新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令を受けて休館を余儀なくされていた。同館ではコロナ禍を受けてスケジュールを見直したといい、次回に予定されていた「Chim↑Pom展(仮題)」の会期は決定次第、改めて発表する。また、会期延長に伴い、アーティストトークなどのラーニング・プログラムも追加で実施する予定。

新会期:2021年4月22日(木)~2022年1月16日(日)

展覧会の最新情報は森美術館ウェブサイトへ。

アナザーエナジー展の詳しい紹介記事

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【プレビュー】 視覚と聴覚が交差 「クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する]」展 東京都現代美術館で11月20日開幕

クリスチャン・マークレー(1955-)はアートと音楽の交差する地点から作品を発表、革新的な活動を続けてきた。日本では初の大規模な展覧会。 クリスチャン・マークレー トランスレーティング[翻訳する] 東京都現代美術館 企画

続きを読む
新着情報一覧へ戻る