【開幕】義元左文字、膝丸、骨喰藤四郎が一堂に「刀剣 もののふの心」サントリー美術館で10月31日まで

重要文化財 刀 金象嵌銘 永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀/織田尾張守信長(名物義元左文字) 南北朝時代 14世紀 建勲神社蔵

「刀剣 もののふの心」が9月15日、サントリー美術館(東京・六本木)で開幕する。名物膝丸・薄緑(大覚寺)、名物義元左文字(建勲神社)、名物骨喰ほねばみ藤四郎(豊国神社)が通期展示されるほか、名物秋田藤四郎(京都国立博物館)も10月6日から展示される。会期は10月31日まで。

サントリー美術館 開館60周年記念展
「刀剣 もののふの心」
会期 2021915日(水)~1031日(日)
会場 サントリー美術館(東京・六本木、東京ミッドタウン内)
東京メトロ・都営地下鉄六本木駅から直結。東京メトロ千代田線乃木坂駅から徒歩3分
入館料 一般1700円、大学・高校生1200
会期中展示替えあり。詳細は展覧会のHP

開幕前日の内覧会ルポ

あす9月15日(水)からサントリー美術館(六本木)で始まる「刀剣 もののふの心」展。内覧会に伺ってます。どうです!この「名物義元左文字」の妖しくも美しい輝き。真後ろの胴丸と兜は、この刀を桶狭間で義元から奪取したとされる信長所用と伝わります。歴史の重みを体感できる展示です。

重要文化財 刀 金象嵌銘 永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀/織田尾張守信長(名物義元左文字)南北朝時代 14世紀 建勲神社蔵

こちらも重要文化財。源氏の重宝と伝わる「名物膝丸・薄緑」。もののふたちの美意識が伝わってきます。

重要文化財 太刀 銘□忠(名物膝丸・薄緑) 鎌倉時代 13世紀 大覚寺蔵

豊臣家ゆかりの「骨喰ほねばみ藤四郎」は、夭折した豊臣秀吉の息子・棄丸所用の小形の武具とともに展示されています。

重要文化財 薙刀直シ刀 無銘(名物骨喰藤四郎) 鎌倉時代 13世紀 豊国神社蔵

刀剣というと戦闘ばかり連想しがちですが、邪気を払うものとして祭礼とも深く繋がっています。祇園祭の山鉾巡行に欠かせない長刀、八坂神社の見事な太刀なども見応えあります。

重要文化財 太刀 銘出羽大掾藤原国路 金具御大工躰阿弥/祇園社御太刀承応三甲午年九月吉日 附金梨地木瓜紋蒔絵糸巻太刀拵 江戸時代 承応三年(1654) 八坂神社蔵
長刀 銘(裏菊紋)和泉守藤原来金道/(菊紋)大法師法橋来三品栄泉 延宝三年二月吉日 江戸時代 延宝三年(1675) 長刀鉾保存会蔵

刀剣にまつわる絵画の展示も充実。修復を経た酒伝童子絵巻、国芳の武者絵など大変に状態が良くて鮮やか。刀剣のイメージを生き生きと伝えてくれます。

重要文化財 酒伝童子絵巻 画/狩野元信 詞書/近衛尚通・定法寺公助・青蓮院尊鎮 三巻 室町時代 大永二年(1522) サントリー美術館蔵
歌川国芳 太平記英勇傳 大多上總介平春永公(織田上総介平信長)  江戸時代 嘉永元~二年(1848~49)頃 平木浮世絵財団蔵

グッズも充実。「刀剣乱舞-ONLINE-」とコラボしたトートやポストカード、除菌スプレーなど多彩です。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

主な出品作品などは、プレビュー「刀剣 もののふの心」義元左文字、膝丸、骨喰藤四郎など名刀がサントリー美術館に集結 9月15日から をご覧下さい。

合わせて読みたい

【寄稿】義元左文字と桶狭間の戦い 信長はなぜ勝てたのか?六角氏の加勢の新史料

直前の記事

新着情報一覧へ戻る