【開幕】「速水御舟と吉田善彦-師弟による超絶技巧の競演-」山種美術館で11月7日まで

速水御舟 《炎舞》【重要文化財】1925(大正14)年 絹本・彩色 山種美術館  

山種美術館コレクションにおける「顔」とも言うべき日本画家・速水御舟(1894-1935)と吉田善彦(19122001)。その作品を、同館所蔵以外のものも含め約60点を出展する「速水御舟と吉田善彦 -師弟による超絶技巧の競演-」が9月9日(木)、開幕した。11月7日(日)まで。

開館55周年記念特別展「速水御舟と吉田善彦 -師弟による超絶技巧の競演-」
山種美術館(東京・広尾)
会期 2021年9月9日(木)~11月7日(日)
開館時間 午前10時~午後4時 土・日・祝日は午前10時~午後5時
(入館はいずれも閉館30分前まで)
※今後の状況により変更することも
休館日 月曜日=9月20日(月・祝)は開館、9月21日は休館
入館料 一般1300円ほか 中学生以下無料
JR恵比寿駅西口・地下鉄日比谷線恵比寿駅 2番出口より徒歩約10分
詳しくは同館ホームページ

主な出展作品や見どころは、プレビュー記事でもお確かめください。
【プレビュー】追い求めた美の手法 開館55周年記念特別展「速水御舟と吉田善彦 -師弟による超絶技巧の競演-」 山種美術館(東京・広尾)で9月9日から開催

直前の記事

【プレビュー】日本初出展の名品多数 「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン」展 三菱一号館美術館で10月15日開幕

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン 会期:2021年10月15日(金)~2022年1月16日(日) 会場:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内、JR東京駅丸の内南口から徒歩5分)

続きを読む
新着情報一覧へ戻る