【開幕】ひびのこづえの作品世界の全貌を伝える 「森に棲む服/forest closet ひびのこづえ展」 そごう美術館(横浜)

デザイナー・ひびのこづえの個展「森に棲む服/forest closet ひびのこづえ展」が、そごう美術館(横浜)で開幕した。


コスチューム・アーティストとして1988年に活動を開始し、30年以上第一線で活躍するひびのこづえ。演劇やダンス、映画、テレビなど多くの分野で数々の作品を制作しており、なかでも、野田秀樹演出の舞台衣装やNHK Eテレ「にほんごであそぼ」の衣装、セットデザインなどでよく知られている。本展では代表的な衣装や新作、不思議な衣装をまとったダンサーたちによるパフォーマンスの映像などにより、ひびのこづえの作品世界の全貌を紹介。


そごう美術館は、そごう横浜店という大規模な百貨店の6階に位置する。そこは、衣・食・住にまつわる様々な商品が並ぶ〈森〉の中でも、6階の一番奥にある〈さらに深い森〉。想像力をかきたてる奇想天外なかたちやわくわくするような色彩の衣装が並ぶ空間で、ひびのこづえが生み出した躍動感のある衣裳をぜひ堪能してほしい。
10月10日(日)まで。


観覧料金など展覧会の概要は、森に棲む服/forest closet ひびのこづえ展で。

直前の記事

【開幕】「杉浦非水 時代をひらくデザイン」展 たばこと塩の博物館で11月14日まで

「杉浦非水 時代をひらくデザイン」展が9月11日(土)、たばこと塩の博物館(東京都墨田区)で開幕した。三越のポスターなどで知られている日本のモダンデザインのパイオニア杉浦非水ひすい(1876~1965)の全容を紹介する展

続きを読む
新着情報一覧へ戻る