【プレビュー】日本初出展の名品多数 「イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン」展 三菱一号館美術館で10月15日開幕

クロード・モネ《睡蓮の池》1907 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜ーモネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン
会期:2021年10月15日(金)~2022年1月16日(日)
会場:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内、JR東京駅丸の内南口から徒歩5分)
休館日:月曜日と年末年始の12月31日、2022年1月1日(ただし10月25日、11月29日、12月27日、1月3日、1月10日は開館)
開館時間:10時~18時(祝日を除く金曜日と会期最終週平日、第2水曜日は21時まで)※入館は閉館の30分前まで
入館料(当日券):一般1900円、高校・大学生1000円、小・中学生無料
前売券:一般のみ1700円
三菱一号館美術館のホームページ
※あべのハルカス美術館(大阪市)に巡回します。会期は2022年1月28日(金)~4月3日(日)。あべのハルカス美術館の展覧会情報ページはこちら

イスラエル博物館が誇る印象派とポスト印象派のコレクションを紹介する。エルサレムにある同館は、1965年に開館したイスラエル最大の文化施設で、近代美術のコレクション約2500点のうち、これまで日本で公開されたものはごく一部。今回の展覧会ではモネの《睡蓮の池》をはじめ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガンなどの人気作家の作品が初来日する。

展示は4つの章からなり、①水と水面が映し出す反映をたたえた風景②自然とともに人の営みが描き出された風景③近代都市の情景④肖像画と静物画ーーという構成で名品の数々をテーマ別に展覧する。以下、主な作品を紹介する。

<水の風景と反映>

クロード・モネ《睡蓮の池》1907 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem(初来日作品)
アルフレッド・シスレー《ロワン川のほとり、秋の効果》1881 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Max Richardson(初来日作品)
ポール・セザンヌ《川のそばのカントリーハウス》1890 年頃 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Pierre Alain Ferrazzini(初来日作品)
ジャン=バティスト・カミーユ・コロー《川沿いの町、ヴィル=ダヴレー》1855-56 年頃 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Einat Arif & Yossi Galanti(初来日作品)
ウジェーヌ・ブーダン《港に近づくフリゲート艦》1894 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner(初来日作品)
ギュスターヴ・クールベ《海景色》1869 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner(初来日作品)

<自然と人のいる風景>

ポール・セザンヌ《陽光を浴びたエスタックの朝の眺め》1882-83 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by David Harris(初来日作品)
フィンセント・ファン・ゴッホ《プロヴァンスの収穫期》1888年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital(初来日作品)
フィンセント・ファン・ゴッホ《麦畑とポピー》1888 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Elie Posner
カミーユ・ピサロ《エラニーの日没》1890 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem(初来日作品)
シャルル=フランソワ・ドービニー《花咲くリンゴの木》1860-62 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital(初来日作品)
ポール・ゴーガン《犬のいる風景》1903 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital(初来日作品)
ポール・ゴーガン《マルティニークの村》1887 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital(初来日作品)
ポール・ゴーガン《ウパ ウパ(炎の踊り)》1891 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital

<都市の情景>

カミーユ・ピサロ《ポントワーズの工場》1873 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Max Richardson(初来日作品)
カミーユ・ピサロ《テュイルリー宮庭園、午後の陽光》1900 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem(初来日作品)
レッサー・ユリィ《夜のポツダム広場》1920 年代半ば イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital(初来日作品)

<人物と静物>

ピエール=オーギュスト・ルノワール《レストランゲの肖像》1878 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Max Richardson(初来日作品)
ピエール=オーギュスト・ルノワール《花瓶にいけられた薔薇》1880 年頃 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem(初来日作品)
エドゥアール・ヴュイヤール《長椅子に座るミシア》1900 年頃 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem(初来日作品)
ピエール・ボナール《食堂》1923 年 イスラエル博物館蔵 Photo © The Israel Museum, Jerusalem by Avshalom Avital(初来日作品)

コロナ禍では輸送の問題などがあり、海外の美術館の展覧会は中止や延期になることも珍しくない。人気作家の初来日作品がたくさん見られる本展は貴重な機会だ。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

《窓辺で手紙を読む女》の修復完了 来年1月東京でお披露目 「ドレスデン国立古典絵画館所蔵 フェルメールと17世紀オランダ絵画展」

ドイツのドレスデン国立古典絵画館は9月9日、記者会見を開き、所蔵するヨハネス・フェルメールの初期の傑作《窓辺で手紙を読む女》の修復が完了したことを発表、報道陣に初めて公開した。この作品は東京都美術館(上野)で来年1月22

続きを読む
新着情報一覧へ戻る