【次回の日曜美術館】「伝統は冒険のために~第68回日本伝統工芸展~」9月19日放送

日本工芸会総裁賞の風通織木綿着物「青海」 作者:小林佐智子

【次回のEテレ・日曜美術館】

「伝統は冒険のために~第68回日本伝統工芸展~」

放送時間:9月19日(日) 9:00~9:45 番組ホームページ

陶芸、漆芸、金工など、日本が誇る職人たちによる手仕事、伝統工芸。
日本各地に伝わる工芸技術の保護・育成のため、昭和29年(1954年)に、重要無形文化財(人間国宝)の指定制度とともに誕生したのが、今年で68回目を迎える「日本伝統工芸展」だ。

知念紅型研究所 知念冬馬さん

陶芸、漆芸、金工、木竹細工、染織、人形、諸工芸(ガラス、七宝など)の7部門の匠(たくみ)たちが、その技を競う美の競演が展開する。<実用>に重きを置きながらも、最先端の技術を取り入れ、未来につながる新たな工芸美を目指す作家たちの創作の現場をドキュメントする。

朝日新聞社賞の乾漆銀平文はちす箱 作者:しんたにひとみ
日本工芸会奨励賞の陶彫彩色「星河」 作者:中村信喬

(読売新聞デジタルコンテンツ部)

日本伝統工芸展は、9月15日~27日、日本橋三越本店で入場無料で開催予定。その後、全国を巡回。ただし、コロナ禍の影響で開催日程などが変わる可能性があるため、第68回 日本伝統工芸展のHP で最新の情報をお確かめください。

直前の記事

【開幕】ひびのこづえの作品世界の全貌を伝える 「森に棲む服/forest closet ひびのこづえ展」 そごう美術館(横浜)

デザイナー・ひびのこづえの個展「森に棲む服/forest closet ひびのこづえ展」が、そごう美術館(横浜)で開幕した。 コスチューム・アーティストとして1988年に活動を開始し、30年以上第一線で活躍するひびのこづ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る