【プレビュー】「杉浦非水 時代をひらくデザイン」展 たばこと塩の博物館で9月11日から

《東洋唯一の地下鉄道 上野浅草間開通》1927(昭和2)年 愛媛県美術館蔵

杉浦非水 時代をひらくデザイン
会期:2021年9月11日(土)~11月14日(日)
会場:たばこと塩の博物館(東京都墨田区横川1-16-3 とうきょうスカイツリー駅から徒歩8分)
開館時間:午前11時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週月曜日(ただし9月20日は開館)、9月21日(火)
観覧料:一般100円、満65歳以上・小中高生50円
詳しくはたばこと塩の博物館のHPへ

日本の商業デザインの近代化に大きく貢献した杉浦非水すぎうらひすい(1876~1965)の初期から晩年の作品を紹介。今もなお新鮮なその魅力を伝える展覧会だ。

書籍装幀雑誌表紙図案展覧会」会場写真(『非水アルバム帖』より)撮影:明治45年(1912) 愛媛県美術館蔵

非水は愛媛県松山市生まれ。東京美術学校入学後は川端玉章に日本画を学ぶ。在学中にフランス帰りの黒田清輝がもたらしたアール・ヌーヴォー様式の図案に魅せられ、図案家の道に進んだ。

日本画家写生教室 五月三日 明治30~34年(1897~1901) 愛媛県美術館蔵
《三越呉服店 春の新柄陳列会》1914(大正3)年 愛媛県美術館蔵

1908(明治41)年に三越呉服店(のち三越百貨店)の図案部主任となった非水は、1934(昭和9)年まで同店のポスターやPR 誌のデザインを数多く手がけた。一方、三越以外の様々なポスターや雑誌の表紙、本の装丁も手がけ、明治時代末期から昭和時代中期の日本のデザインをリードした。華やかでモダンな非水のデザインは、現在も私たちを魅了し続けている。

《三越呉服店 新館落成》1914(大正3)年 愛媛県美術館蔵
《新宿三越落成 十月十日開店》1930(昭和5)年 愛媛県美術館蔵

 

『アフィッシュ』第一年第一号 1927(昭和2)年 愛媛県美術館蔵

本展では初期から晩年に至る図案の仕事とあわせ、交友の画家の作品や、若き日に島根県で教員として過ごした時期の作品なども展示し、杉浦非水の全貌を紹介する。

『非水創作図案集』大正15年(1926) 愛媛県美術館蔵

現代からみてもシンプルかつモダンで、センスが光る。引きつける力のある作品の数々だ。各地を巡回するので、間近で見てほしい。

(読売新聞東京本社事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)


東日本では唯一の巡回展となる、たばこと塩の博物館では、同館蔵の非水が手がけた、たばこのパッケージやポスターの数々も見どころだ。

新製口付 紙巻煙草みのり 昭和5年(1930) たばこと塩の博物館蔵
響 昭和7年(1932)*商品発売年 たばこと塩の博物館蔵
扶桑 昭和13年(1938)*商品発売年 たばこと塩の博物館蔵
NIKKŌ 昭和24年(1949)*商品発売年 たばこと塩の博物館蔵

巡回展:島根展(終了)、三重・三重県立美術館(11月23日~22年1月30日)、福岡・福岡県立美術館(22年4月15日~6月12日)

直前の記事

【レビュー】国芳のしなやかな機知 時代の空気感を写す 「没後160年記念 歌川国芳」 太田記念美術館

「没後160年記念 歌川国芳」 会場:太田記念美術館 会期:2021年9月4日(土)~10月24日(日) PARTⅠ 9月4日(土)~9月26日(日) PARTⅡ 10月1日(金)~10月24日(日) アクセス:東京都渋

続きを読む
新着情報一覧へ戻る