【プレビュー】 北斎を超える? 「河鍋暁斎 -躍動する絵本」展  太田記念美術館(東京・原宿)で10月29日開幕

『暁斎百鬼画談』(前期)

幕末から明治にかけて浮世絵や日本画家として活躍した河鍋暁斎きょうさい(1831-89)。近年、人気が高まり全国で展覧会が開かれているが、「絵本」というジャンルはほとんど注目されてこなかった。人物や動物、妖怪など躍動感あふれる筆遣いで描かれた絵本から、「画鬼」と称された暁斎の神髄に迫る。

「河鍋暁斎 -躍動する絵本」展
太田記念美術館(東京・原宿)
会期:2021年10月29日(金)~12月19日(日)
前 期 10月29日(金)~11月23日(火・祝)
後 期 11月27日(土)~12月19日(日)
前後期で全点展示替え
開館時間 午前10時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
休館日 月曜日、11月24-26日
開館時間 午前10時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
入館料 一般800円ほか 中学生以下無料
JR原宿駅から徒歩約5分
地下鉄明治神宮前駅から徒歩3分
詳しくは同美術館ホームページ

 

『狂斎画譜』(後期)
『暁斎画談 外篇』巻之上(後期)

暁斎の絵本の魅力は人や動物、妖怪たちがまるで踊っているかのように、生き生きと描かれていること。その躍動感あふれる筆遣いは葛飾北斎の『北斎漫画』にも劣らないという。絵本は冊子状で展示しづらいこともあり、これまであまり紹介されて来なかった。今回は『暁斎漫画』、『暁斎鈍画』、『暁斎酔画』、『暁斎百鬼画談』など暁斎の絵本の代表作を全ページ展示(前後期ですべて展示替え)、総ページは420ページを超える。

『暁斎漫画』(後期)
『暁斎鈍画』(前期)

暁斎の絵本はA5サイズ(21×14.8センチ)以下。『ちくさの宝』のような見開きで9.5×13センチという極小の絵本もある。また、暁斎は骸骨を描くことが好きで、絵本の中にもしばしば登場する。医学書のような正確な骨格描写だけでなく、背伸びをしたり踊ったり、躍動感のあるユーモラスなポーズを取っているところが暁斎らしい。

『暁斎百鬼画談』(後期)
『狂斎画譜』(前期)
『暁斎漫画』(前期)

(読売新聞事業局美術展ナビ編集班・秋山公哉)

直前の記事

【開幕】没後160年の記念イヤーに名品が大集合!「没後160年記念 歌川国芳」(東京・太田記念美術館)

歌川国芳の没後160年を記念する展覧会「没後160年記念 歌川国芳」が太田記念美術館で開幕した。 歌川国芳(1797~1861)は江戸時代後期に活躍した浮世絵師。国芳は10代後半で浮世絵師としてデビュー後、売れない不遇の

続きを読む
新着情報一覧へ戻る