【開幕】没後160年の記念イヤーに名品が大集合!「没後160年記念 歌川国芳」(東京・太田記念美術館)

歌川国芳の没後160年を記念する展覧会「没後160年記念 歌川国芳」が太田記念美術館で開幕した。


歌川国芳(1797~1861)は江戸時代後期に活躍した浮世絵師。国芳は10代後半で浮世絵師としてデビュー後、売れない不遇の時期を過ごしたが、30代前半に描いた「通俗水滸伝豪傑百八人之一個」シリーズで大ブレーク。以降は勇壮な武将を描いた武者絵や、コミカルな笑いを描いた戯画、独自の魅力にあふれた風景画、美人画、役者絵、子供絵など、ありとあらゆるジャンルを精力的に手掛け、多くの弟子も育てて浮世絵界を牽引した。


本展は、その生涯と作品を改めて紹介する。国芳は、天保の改革の影響下における不安定な世情の中で、精力的に作品を描き続けたことで知られている。浮世絵でも役者や遊女といった人気ジャンルを描くことが規制されていく中、国芳が活路を見出したジャンルのひとつが戯画であった。擬人化された動物たちを描くなど、底抜けに明るくてユーモアたっぷりの戯画は庶民の間で大人気となり、その魅力は現代でも多くの日本美術ファンを虜にしている。

昨今のコロナ禍により人々の楽しみが制限され、閉塞感のある状況が続いている時だからこそ、国芳の底抜けに明るい作品やポジティブに生きる姿勢が、現代の私たちにも強く訴えかけてくるものがあるかもしれない。


10月1日からは「PART Ⅱ 江戸っ子を驚かす!―武者と風景」と題して全点展示替えを行う。10月24日まで。

直前の記事

特別展「最澄と天台宗のすべて」 秘仏・本尊、寺外初公開が多数 10月12日から東京国立博物館で

天台宗を日本に広めた最澄さいちょうの1200年大遠忌だいおんきを記念した特別展「最澄と天台宗のすべて」は10月12日、東京国立博物館で開幕する。 天台宗の総本山・延暦寺をはじめ、各地の寺院が守り伝えてきた秘仏や仏画などの

続きを読む
新着情報一覧へ戻る