【図録開封の儀!】まもなく閉幕「ファッション イン ジャパン」展 368ページの力作 資料的価値も大!

戦後の日本のファッションの歩みを紹介した大型展「ファッション イン ジャパン 1945ー2020 流行と社会」が9月6日(月)で閉幕します。島根県立石見美術館(3月20日~5月16日)、国立新美術館(6月9日~)とコロナ禍もありながら半年間にわたって会期を全う。人気の展覧会だっただけに名残惜しいですが、全368ページという充実の図録(青幻舎刊)でこれからも楽しめます。

展覧会の担当学芸員のひとりで、図録でも「1950年代の既製服」を寄稿した島根県立石見美術館の南目美輝・学芸課長は「これまで展覧会で紹介されることがなかった日本のデザイナーの草分け、伊東茂平の貴重な戦前の服、および195060年代の服をたくさんの方に見てもらいました。多くの雑誌を主宰した中原淳一が手掛け、自身の雑誌で紹介したアップリケの服なども今回の展覧会で初めて紹介されました」と振り返ります。こうした貴重な作品も、充実の資料とともに図録で見ることができます。

衣服そのものやデザイナーだけではなく、ストリートや着る側の目線も重視。時代の移り変わりを記録した貴重な資料になっています。服飾史はもちろん、戦後の文化や風俗を振り返る上でも必携の一冊になりそうです。国立新美術館の展覧会場、各書店、アマゾンなどで取り扱っています。3850円。

青幻舎オンラインショップ アマゾンのページ

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

あわせて読みたい記事

【開催中】時代の熱気伝える820点「ファッションインジャパン展」

直前の記事

新着情報一覧へ戻る