プレビュー「刀剣 もののふの心」義元左文字、膝丸、骨喰藤四郎など名刀がサントリー美術館に集結 9月15日から

サントリー美術館 開館60周年記念展
「刀剣 もののふの心」
会期 2021915日(水)~1031日(日)
会場 サントリー美術館
(東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン内)
東京メトロ・都営地下鉄六本木駅から直結。
東京メトロ千代田線乃木坂駅から徒歩3分
入館料 一般1700円(前売り1500円)
大学・高校生1200円(前売り1000円)
会期中展示替えあり。
詳細は展覧会のHP

刀剣のブームが続いている。美術品としての美しさのみならず、それぞれの刀剣が持つ歴史や物語を読み解くことも、その魅力の一つだろう。

サントリー美術館の開館60周年記念展として開かれる今展では、

桶狭間の戦いで、織田信長が今川義元から奪った「義元左文字」(建勲神社)

源氏の重宝として名高い「膝丸」(大覚寺)

豊臣家ゆかりの「骨喰ほねばみ藤四郎」

など、人気の高い名刀を一堂に展示する。

 

重要文化財 太刀 銘 □忠(名物膝丸・薄緑) 一口 鎌倉時代 13世紀 京都・大覚寺
重要文化財 薙刀直シ刀 無銘(名物骨喰藤四郎) 一口 鎌倉時代 13世紀 京都・豊国神社

 

刀剣にまつわる伝説や物語を伝えてきた絵画作品も注目だ。

酒呑童子の討伐で有名な平安時代の武士、源頼光。サントリー美術館が所蔵する狩野元信筆「酒伝童子絵巻」(重要文化財)では、頼光と四天王(渡辺綱、坂田金時、碓井貞光、卜部季武)らが刀をふるう姿が描かれている。

重要文化財 酒伝童子絵巻 画/狩野元信 詞書/近衛尚通・定法寺公助・青蓮院尊鎮 三巻(部分) 室町時代 大永2年(1522) サントリー美術館

刀剣を使ったのは、主に武士だが、常に戦い続けたわけではない。馬の調教、武術・剣術の鍛錬をしながら、すごろくやお茶を楽しむ――そんな武家の暮らしぶりがわかるのが、「調馬・厩馬図屛風」(重要文化財、滋賀・多賀大社)だ。

重要文化財 調馬・厩馬図屛風 六曲一双のうち左隻 桃山時代 16~17世紀初 滋賀・多賀大社
重要文化財 調馬・厩馬図屛風 六曲一双のうち右隻 桃山時代 16~17世紀初 滋賀・多賀大社

刀剣を通じて、日本史を生きた「もののふ」たちの心に近づける、またとない機会となりそうだ。

 会場は以下の全6章で構成される。

第1章:絵画に見るもののふの姿

第2章:甲冑武具と刀装具 もののふの装いと出で立ち

第3章:武士と刀剣 武将が愛した名刀

第4章: 祭礼と刀剣 祇園祭礼図を中心に

第5章:古社寺伝来の刀剣 祈りを託された剣と刀

第6章: 武家風俗画の世界 絵画に見るもののふの暮らし

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

チケットの購入は、サントリー美術館のHPから。

直前の記事

【プレビュー】新版画の名品を一堂に 令和3年度特別展「新版画―笠松紫浪を中心に―」 山梨県立美術館で9月14日開幕

令和3年度特別展「新版画―笠松紫浪を中心に―」 会場:山梨県立美術館 会期:2021年9月14日(火)~10月24日(日) 休館日:月曜休館(ただし9月20日は開館) アクセス:甲府市貢川、JR中央線甲府駅バスターミナル

続きを読む
新着情報一覧へ戻る