【新美の巨人たち】『旧 河井寛次郎邸』×近藤サト…その人、その暮らし(9月11日、BSテレ東)

河井寬次郎記念館の内部

番組名 新美の巨人たち 『旧 河井寛次郎邸』×近藤サト…その人、その暮らし
放送日時  テレビ東京 2021年9月4日(土)22:00~22:30
BSテレビ東京 9月11日 (土)23:30~0:00(再放送)

大正時代から昭和にかけてその名を轟かせた陶芸家・河井寛次郎(1890―1966年)。浜田庄司と並び民芸派の陶工として知られている河井が、自ら設計した理想の暮らしと仕事の場を京都・五条坂鐘鋳町に建てた。それが「旧 河井寛次郎邸」(河井寛次郎記念館)として残っている。

河井寬次郎記念館の外観

外観はがっしりとした土塀、家の中には囲炉裏が置かれ、木のぬくもりと重厚感を感じる。そんな河井の家屋に満ちあふれる「用の美」を、アートトラベラーの近藤サトさんが「ステイホームの極意」として学び取る。

(*寛次郎の寛」は中に点が入る「」)

直前の記事

【背景画の世界】アニメ界のレジェンド・山本二三の「BEST展」が故郷の長崎県美術館で開催中、高畑勲・宮崎駿・細田守・新海誠らの作品を支えた背景美術

「未来少年コナン」「天空の城ラピュタ」「火垂るの墓」「もののけ姫」「時をかける少女」「天気の子」―そうそうたるこれらのアニメ作品群の名をあげたときに、架空の風景がリアルに描かれた背景画を思い浮かべる人も多いだろう。 長崎

続きを読む
新着情報一覧へ戻る