第73回正倉院展 奈良国立博物館で10月30日開幕 前売日時指定券は9月25日(土)午前10時販売開始

北倉 螺鈿紫檀阮咸 宮内庁正倉院事務所

 第73回 正倉院展
会期:2021年10月30日(土)~11月15日(月)
会場:奈良国立博物館 東新館・西新館(奈良市登大路町50番地)
アクセス:近鉄奈良駅から登大路を東へ徒歩約15分。または近鉄奈良駅・JR奈良駅から市内循環バス外回り「氷室神社・国立博物館」下車すぐ。ぐるっとバス(奈良公園ルート、大宮通りルート「大仏殿前駐車場」下車、徒歩5分)
開館時間:9時~18時(金曜日、土曜日、日曜日、祝日(11月3日)は20時まで)(入館は閉館の60分前まで)
休館日:会期中無休
観覧料金(前売日時指定券)観覧には前売日時指定券の予約・発券が必要。当日券の販売はありません:一般券2000円、高大生券1500円、小中生券500円ほか
購入方法:販売開始日時 9月25日(土)午前10時 先着順
ローソンチケット[Lコード:57700]
ローソン及びミニストップ各店舗、電話受付(tel:0570-000-028)、または公式サイト(https://l-tike.com/
詳しくは奈良国立博物館の公式サイト正倉院展の公式サイトをごらんください。

「第73回 正倉院展」は、奈良国立博物館(奈良市)で10月30日(土)から11月15日(月)までの日程で開催される。正倉院は奈良時代に建立された東大寺の倉庫で、聖武天皇の遺愛の品々を中心とする約9000件の宝物を今に伝える。今年も楽器、調度品、染織品、仏具、文書・経巻など多彩なジャンルの品々が出陳される。

中でも、高貴な素材を惜しげもなく使った螺鈿紫檀阮咸らでんしたんのげんかん(円い胴の楽器)や、彩色文様が目にも鮮やかな漆金薄絵盤うるしきんぱくえんばん(蓮華形の香炉台)などが注目。螺鈿紫檀阮咸は奈良では25年ぶりの公開、また漆金薄絵盤は2013年に出陳されたものと対をなすもので、28年ぶりの公開となる。

北倉 螺鈿紫檀阮咸(背面) 宮内庁正倉院事務所
北倉 螺鈿紫檀阮咸 宮内庁正倉院事務所
南倉 漆金薄絵盤 宮内庁正倉院事務所
南倉 漆金薄絵盤(部分) 宮内庁正倉院事務所

東大寺の大仏の開眼法要で、東大寺に献納された品々がまとまって出陳される。中でも遥か西方の地で作られたとされる白瑠璃高坏はくるりのたかつき(ガラス製の高坏)は高度な技術水準を示すガラス器の優品として注目される。

中倉 白瑠璃高坏 宮内庁正倉院事務所

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

 

 

直前の記事

新着情報一覧へ戻る