「バンクシーって誰?展」開幕 ストリートで表現を続けるアーティストの世界に没入

バンクシーって誰?展

「バンクシーって誰?展」が821()から寺田倉庫G1ビル(東京・天王洲)で始まった。125日まで。その後、全国を巡回する。

「バンクシーって誰?展」
会場 寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川2-6-4、最寄り駅:東京モノレール、りんかい線天王洲アイル駅)
会期 2021年08月21日(土)〜2021年12月05日(日)
開場時間 11:00〜20:00 金、土、祝前日は21:00まで
休館日 10月5日(火)、12日(火)、19日(火)
入場料 前売券・平日:一般1800円など、前売券・土日祝(日時指定):一般2000円など
詳細は公式サイト

開幕前日の内覧会ルポ

 

「バンクシーって誰?展」があす21()から寺田倉庫G1ビル(東京・天王洲)で始まります。内覧会に伺いました。このストリートっぽい空間の再現、リアルです。
パレスチナ、ニューヨーク、ロンドン…それぞれの作品が描かれた場所と合わせて提示されることで、文脈がよく分かり、バンクシーが込めた社会批判のメッセージもはっきり伝わってきます。美術館で額縁越しに見るのとは全然違う迫力を感じます。

セレブネタ?も少々。スティーブ・ジョブズが登場したり、ポール・スミスが購入したという作品があったりします。探してみてください。

イスラエルの築いた分離壁に向かってバンクシーが建てた「世界一眺めの悪いホテル」を再現。大きな問題があるのに見えないふりをする「部屋に象がいる」の展示空間など、強烈な批判や皮肉が強い印象を与えます。

 (読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

展覧会の詳細は以下の記事をご覧ください。

【プレビュー】「ストリート・アート」を再現 「バンクシーって誰?展」 寺田倉庫G1ビル(東京・天王洲)で8月21日開幕

展覧会アンバサダーの中村倫也さんのインタビューはこちら。

「リアルのアートに触れる楽しさ、体感してほしい」「見たあと、違う自分と出会えるはず」 「バンクシーって誰?展」のアンバサダー、中村倫也さんに聞く

「鮮やかで軽やか」「リアルなバンクシーに近づける」 「バンクシーって誰?展」アンバサダーの中村倫也さんに再び聞く

直前の記事

BSフジ「アートフルワールド」 8月21、28日は和田彩花さんの「アート夏季講習」 福田美術館、京都文化博物館など

番組名:『アートフルワールド~たぶん、すばらしき芸術の世界~』 放送日時:BSフジ 毎週土曜日 12:30~12:55 番組ホームページ <番組内容> 日本画のルーツ 8月21日(土) #7「アート夏期講習」 「アート夏

続きを読む
新着情報一覧へ戻る