【プレビュー】「美男画」に光を 「美男におわす」展 埼玉県立近代美術館で9月23日開幕 

川井徳寛 《共生関係~自動幸福~》 2008 、鎌苅宏司氏蔵 © Tokuhiro Kawai, Courtesy of Gallery Gyokuei

展覧会名:美男におわす

会期:2021年9月23日(木・祝)~11月3日(水・祝)

会場:埼玉県立近代美術館(さいたま市浦和区、JR京浜東北線「北浦和駅」西口から徒歩約3分)

休館日:月曜日

開館時間:10時~17時30分(展示室への入場は17時まで)

観覧料:一般1200円、大高生960円

日本美術の世界で女性像といえば花形的なテーマと言えるだろう。例えば「美人画」としてクローズアップされ、批評されたり展覧されたりする機会は多い。一方、男性像はといえば折々の社会情勢や流行、男性観などが反映された作品は決して珍しくないものの、「美男画」としてひとくくりにしてい語られる機会は少なかったといえる。今展では、男性を美しいものとして表現すること、見ること、そして語ることについて考える、興味深い試みになる。

展示では江戸時代から現代までを射程に入れ、日本の視覚文化のなかの美少年・美青年のイメージを浮世絵、日本画、彫刻、挿絵、マンガ、写真など幅広いジャンルから選び、展示する。人々の理想が投影された多様な男性像を、「美人画」ならぬ「美男画」として見せることで、男性を美しいものとして表現すること/見ることに光をあてる。「伝説の美少年」「愛しい男」「魅せる男」「戦う男」「わたしの『美男』、あなたの『美男』」という5章に分けて展示する。主な出展作品を紹介する。

高畠華宵 《 月下の小勇士 》 1929 年  弥生美術館 [後期展示]
山村耕花 《梨園の華 初世中村鴈治郎の茜半七》 1920 年 島根県立美術館 [後期展示]
木村了子 《男子楽園図屏風 − EAST & WEST 》(左隻) 2011 年 作家蔵 撮影:宮島径
木村了子 《男子楽園図屏風 − EAST & WEST 》(右隻) 2011 年 作家蔵 撮影:宮島径
森栄喜 《 “Untitled” from the Family Regained series 》 2017年 作家蔵 Courtesy of
KEN NAKAHASHI
絵師不詳 《大小の 舞 図》 17 世紀 板橋区立美術館 [後期展示]
市川真也 《 Lucky star 》 2021 年  作家蔵 写真提供:ギャラリイ K
山本タカト《 Nosferatu ・罠 》 2018 年 個人蔵
三宅凰白 《楽屋風呂から》 1915年  京都市立芸術大学芸術資料館
入江明日香 《 廣目天 》 2 01 6年 丸沼芸術の森

男性像の変化はもちろん、表現の深化、価値観の多様化など様々な視点がありそうなテーマ。じっくりみてみたい。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

 

直前の記事

【次のテーマはメガネ、そして見えない世界の力】「角野栄子の物語が生まれる暮らし」 第2回放送は8月26日(木)夜 Eテレ

番組名:カラフルな魔女~角野栄子の物語が生まれる暮らし 平凡な毎日を、カラフルに変える魔法。 第2回 「見えないものを見るメガネ」 8月26日(木)午後10時55分~午後11時20分  番組ホームページ メガネのおしゃれ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る