あの超キュートな姿が再び! 「カラフルな魔女~角野栄子の物語が生まれる暮らし」 8月19日、26日にEテレで放送

番組名:カラフルな魔女~角野栄子の物語が生まれる暮らし 平凡な毎日を、カラフルに変える魔法。

放送予定:

第1回 「海と旅」          8月19日(木)午後10時55分~午後11時20分

第2回 「見えないものをみるメガネ」 8月26日(木)午後10時55分~午後11時20分             番組ホームページ

昨年11月、センスあふれるライフスタイルを紹介、大いに話題を集めた児童文学作家・角野栄子さんの暮らしぶりを伝える番組が再びやってきました。

「魔女の宅急便」をはじめ数多くの作品を世に送り出し、幅広い世代の読者を魅了してきた国際アンデルセン賞作家・角野栄子さん。今年で86歳。鎌倉にある「いちご色」の一軒家に暮らしています。「自分にとって気持ちのいいもの」というものさしに貫かれたカラフルな暮らしと、その中から生まれる物語の魅力を伝えます。

今回はこの夏、「海とお別れする儀式」をしようと考えている角野さんを追いました。その心は・・・・。

40歳代後半でヒールにお別れして以来、角野さんのモットーは「ペタンコ靴をはいて自分の足でどんどん歩く」こと。鎌倉の海辺の散歩も日々の楽しみのひとつです。24歳で海を渡り、ブラジルで暮らしたことが作家としての原点といいます。「魔女の宅急便」のキキも、海がみたいとコリコの街にたどり着きましたね。「海」は何かが生まれている感じがしてわくわくするという角野さんが、「もう一度だけ海に入りたい」と考えた理由とは?

角野さんのファッションやインテリアを見るだけでもワクワクしてきます。朗読・語りを担当した宮﨑あおいさんも「見ているだけでこんなに前向きなな、幸せな気持ちになれる番組はめったにないと思う」と話していたそうです。

朗読・語りの宮﨑あおいさん(俳優)

音楽も注目。前回に引き続き、ロンドン在住で国際的に活躍する藤倉大さんが新たに3曲を書き下ろしました。耳からも楽しさがこぼれそうです。

テーマ音楽などを書き下ろした作曲家の藤倉大さん (c) Alf Solbakken

番組を担当した宮川麻里奈プロデューサーは「番組のみどころですか?・・・・すべてが見どころです!と言いたいです(笑)。角野さんのチャーミングさ、言葉ひとつひとつの輝きは比類のないものです。前回に比べて、角野さんの『作品』にフォーカスした面もあるので、より深く、角野さんの世界に触れていただけるのではないかと思っています」と話していました。

写真を見ているだけでにテンションが上がってしまいますね。放送をお楽しみに。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【次回のぶら美】豪華!トーハクの「聖徳太子と法隆寺」「聖林寺十一面観音」を一挙に紹介 8月17日夜放送 

【BS日テレ  ぶらぶら美術・博物館】 ★第383回 東京国立博物館 特別展「聖徳太子と法隆寺」 ~これを逃したら次は100年後?!滅多に見られない寺宝から読み解く、太子伝説の真実~ ★8月17日(火)よる8時放送 番組

続きを読む
新着情報一覧へ戻る