【開幕】「東京こだわりの風景画展~東京の絵よいつまでも~Final」(丸善・丸の内本店)

須貝仁<アサヒビール「金のオブジェ」>

東京をテーマにさまざまな作家の絵画作品が並ぶ「東京こだわりの風景画展~東京の絵よいつまでも~Final」が8月11日、丸善・丸の内本店4Fギャラリーで始まった。8月17日まで。入場無料。

1999年(平成11年)8月、丸善創業130周年記念として丸善日本橋店で第1回「東京を描く画家たち展」が催され、その後、毎夏の企画として会場を途中から丸の内本店に移して、今回で23回目(22回はコロナ禍のため昨夏の開催が今年1月に延期した)を迎えた。今回で一区切りとし、最終回となる。今回は22人が出品している。

「東京こだわりの風景画展~東京の絵よいつまでも~Final」
会期 2021年8月11日(水)~8月17日(火)
会場:丸善・丸の内本店4Fギャラリー(東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ内)JR東京駅丸の内北口徒歩1分
時間 午前9時~午後9時(最終日は午後4時閉場)
入場 無料

開幕日に会場を取材しました

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

直前の記事

【レビュー】「クール・ジャパン」の源流が分かる? 幕末のポップカルチャー  特集展示「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」 国立歴史民俗博物館

特集展示「黄雀文庫所蔵 鯰絵のイマジネーション」 会場:国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市城内町) 会期:2021年7月13日(火)~9月5日(日)。月曜休館、ただし8月9日は開館 観覧料:一般600円、大学生250円ほか

続きを読む
新着情報一覧へ戻る