【レビュー】見て手に取って膨らむ想像力「ブラチスラバ世界絵本原画展 -こんにちは(Ahoj)!チェコとスロバキアの新しい絵本-」うらわ美術館(さいたま市)で開催中

うらわ美術館で開かれている「ブラチスラバ世界絵本原画展」。原画の展示だけではなく、原画を基にした絵本を手に取って見ることもできる。 

スロバキアの首都ブラチスラバで、2年ごとに開催される世界最大規模の絵本原画コンクール。2019年開催の第27回展から金牌(第3席)を受賞した日本人作家きくちちき作「もみじのてがみ」をはじめとする世界中の受賞作と、15組の日本の代表作家の作品を紹介している。絵本の多くは手に取って見ることができ、展示された原画が絵本になるとどうなるか、想像力を膨らませてくれる。

「ブラチスラバ世界絵本原画展 -こんにちは(Ahoj)!チェコとスロバキアの新しい絵本-」

うらわ美術館(さいたま市浦和区) 

会  期  7月10日(土)~8月29日(日)

開館時間  午前10時~午後5時  金・土は午後8時まで

      (ギャラリーへの入場はいずれも閉館30分前まで) 

休館日   月曜日=8月9日(月・祝)は開館、8月10日は休館

入館料   一般620円ほか 中学生以下無料

JR浦和駅西口より徒歩7分 浦和センチュリーシティビル3階

詳しくは同館ホームページ

「オオカミが食べるのは?」ミラン・スタリー(チェコ)の原画。「赤ずきん」や「おおきなかぶ」、「ブレーメンの音楽隊」など昔話が7つ入った絵本。文章の中にイラストが2つずつあり、どちらかを選んで文章を完成させていくという遊びの要素を含んでいる。

「ブラチスラバ世界絵本原画展(略称=BIB)」は1967年に当時のチェコスロバキアで第1回展が開催された。2020年がスロバキア、チェコと日本との交流100周年にあたることを記念して、今回の展覧会では両国の絵本を特集。また、日本人作家4組に焦点を当て、絵本が生まれるまでの背景や創作の原点を「アトリエから始まる旅」に見立てた展示もしている。

「モリエール&ピエール・コルネイユ、ジャン・ラシーヌ 歴史との関係で語る7つの劇」レナータ・フチーコヴァー(チェコ)。作者による原画(上)の精緻なイラストが絵本に組み込まれている。7つの戯曲をフランスの歴史とからめ、漫画風のこま割りで親しみやすく伝える。

出品作品は絵本原画約200点、絵本約90点、立体作品・版画・映像・習作等約50点など合わせて約340点に及ぶ。展示は「チェコとスロバキアの新しい絵本」、「BIB2019受賞作品」、「BIB2019日本作家代表」の3コーナーからなる。

「ネコと断面」テレザ・コレツカー・ヴォストラドフスカー(チェコ)。食虫植物のウツボカズラの中は?火山の中は?小さな生き物が絵本を案内する。

「人形、タネ、プルーン、丸太、そしてまた人形」フルドシ・ヴァロウシェク(チェコ)。 原画(上)と表紙の原版。プルーンの種から丸太になり、さらに人形になる丸太の話す冒険譚。

チェコとスロバキアの新しい絵本から見ていくと、絵の手法、色使い、発想など、その多様性に驚かされる。古くからの日本の絵本を見て来た目にはどれも新鮮だ。

「お豆のヤンコ/ヤニーチコについて」ウラジミール・クラール(スロバキア)の原画(上)と絵本。豆のように小さな男の子ヤンコと、狐に連れ去られたヤニーチコの2つの物語が、本の両側から展開される。本の真ん中のページで物語が出会う時は、どうなっているのだろう。実際に本を手に取って…
BIB2019での受賞作。
日本人作家の絵本。手に取って見ることができる。
BIB2019金牌受賞作「もみじのてがみ」きくちちき(日本)の原画。向こうの山のつぐみがこっちの山のねずみに真っ赤なもみじの手紙を手渡す。

最後のコーナー「アトリエから始まる旅」では、4組の日本人作家のアトリエやその窓から見える風景、庭、創作のためのメモやラフスケッチ、絵本以外の創作物などを展示。絵本が生まれる背景を探る。

「アトリエから始まる旅」コーナーから、さかたきよこの小さな紙片にびっしり書き込まれた言葉のメモや自作詩、本や歌詞からの書き取り。
異国の城と城下町をモチーフにした、キャビン・カンパニーの作品「〈アノコロの国〉の建物群。

 

(読売新聞事業局美術展ナビ編集班・秋山公哉)

直前の記事

【開幕】初の大規模回顧展「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌(レクイエム)」(京都文化博物館)

大正から昭和にかけて京都を拠点に活躍し、従軍作家としても知られる異色の日本画家、小早川秋聲しゅうせい(1885~1974年)の初の大規模回顧展「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌(レクイエム)」が8月7日、京都文化博物館で始

続きを読む
新着情報一覧へ戻る