【開幕】初の大規模回顧展「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌(レクイエム)」(京都文化博物館)

「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌」展の会場(京都文化博物館)

大正から昭和にかけて京都を拠点に活躍し、従軍作家としても知られる異色の日本画家、小早川秋聲しゅうせい(1885~1974年)の初の大規模回顧展「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌(レクイエム)」が8月7日、京都文化博物館で始まった。9月26日まで。

 

小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌(レクイエム)
会場:京都文化博物館(京都市中京区三条高倉、市営地下鉄烏丸御池駅から徒歩約3分、阪急烏丸駅から徒歩約7分、京阪三条駅から徒歩約15分)
会期:2021年8月7日(土)~9月26日(日)
開室時間:午前10時~午後6時、金曜日は午後7時30分まで(入室はそれぞれ30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日は休館)
入場料金:一般1400円、大高生1100円、中小生500円
巡回予定:東京ステーションギャラリー(2021年10月9日~11月28日)、鳥取県立博物館(2022年2月11日~3月21日)

主な出品作品や見どころは、
【プレビュー】初の大規模回顧展 「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌」 新発見含む多数の初公開作品に注目 京都文化博物館で8月7日開幕
をご覧ください。

内覧会の美術展ナビのレポート

あす8月7日(土)から京都文化博物館(京都市)で始まる今夏の注目展、「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌(レクイエム)」。内覧会に伺いました。初の大規模回顧展で112点中36点が初公開。画業の全容に迫った充実の展示です。

代表作「國之楯」をあしらったポスターが目を引く(京都文化博物館で)

従軍画家として、戦死した将校を描いた「國之楯」で名高い小早川秋聲(1885~1974)。もちろん同作も修復された下絵とともにじっくり見られます。しかし見どころは他にもたくさんあります。

有無を言わせぬ迫力のある「國之楯」

京都画壇で早くから頭角。展覧会のタイトル通り海外への関心が強く、中国やインド、ヨーロッパ、アメリカと飛び回り知見を広めます。画題は多彩で叙情的な作風。ヨーロッパでのスケッチを生かした「長崎へ航く」など印象的な作品がたくさん見られます。

ロマンティックな雰囲気の「恋知り初めて」(左)も印象的な作品
江戸時代、オランダから長崎へと旅立つ船を見送る女性たちを描いた「長崎へ航く」。題材、構図ともユニークだ。

脂の乗り切った時期に戦争が本格化。従軍画家、東本願寺の慰問使として満州やビルマなど激戦地を巡ります。継ぎ接ぎの軍服や疲れ果てて仮眠を取る様などリアルです。戦意高揚という目的を越えて、今も見応えがあります。最前線に踏み込んだ丹念な取材と真摯な人柄を思わせます。

戦争画も独特のリアリティと叙情が感じられる
国定教科書にも掲載された「御旗」(左)など、勇ましい中にもどこか趣きの感じられる作品が目立つ

同展を担当した植田彩芳子学芸員は「戦争に協力した、というレッテルで再評価が難しい存在だったが、明治、大正、昭和という難しい時代を生き抜いた画家。全体像を知って新しいイメージを持ってもらうきっかけになれば」と言います。この8月という季節に相応しい展覧会かもしれません。

「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌」展の会場で

図録が読み応えたっぷり。さらに日本画家の漫画で人気の 河野沙也子さんが秋聲の生涯を描いた冊子も来場者に配られます。素晴らしいのでぜひ手に取ってご覧ください。同展は9月26日(日)まで。その後東京ステーションギャラリー、鳥取県立博物館に巡回です。

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

新着情報一覧へ戻る