【開幕】『北斎漫画』『冨嶽三十六景』『富嶽百景』を<1点残らず>披露 「北斎づくし」(東京ミッドタウン・ホール)

北斎づくし

葛飾北斎(1760~1849)の生誕260年を記念した特別展「北斎づくし」が7月22日、東京ミッドタウン・ホール[東京ミッドタウンB1](東京・六本木)で開幕した。

生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」
会場:東京ミッドタウン・ホール[東京ミッドタウンB1 ](東京メトロ日比谷線六本木駅・都営大江戸線六本木駅より直結、東京メトロ千代田線乃木坂駅より徒歩3分)
会期:2021年7月22日(木)~9月17日(金)休館日:8月10日、24日、9月7日
入場料 一般1,800円、大学生・専門学校生1,200円、高校生・小中学生900円。事前予約制(日時指定券)
詳しくは公式サイトへ。
『冨嶽三十六景』全46枚すべてが並ぶ

『北斎漫画』『冨嶽三十六景』『富嶽百景』の三つの代表作を<1点残らず>披露する、かつてない規模と演出の北斎の展覧会。

『北斎漫画』コーナーは床、壁、上まで北斎づくし

特に圧巻なのは、初編から十五編までの全883ページを同時に展示する『北斎漫画』コーナー。世界的な北斎コレクターとして知られる浦上満氏がコレクションを提供したことで、約500冊ものの『北斎漫画』が同じ会場に集まることが実現した。

北斎のエンターテインメント性を拡大するデジタル展示

北斎の世界をさらに引き延ばすデジタル展示や、大型の図録、多彩なオリジナルグッズにも注目だ。

多種多様なグッズ類も魅力

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

展覧会の構成や出品作品の詳細は、こちらをご覧ください。
生誕260年記念 特別展「北斎づくし」 東京・六本木で7月開幕 《北斎漫画》《冨嶽三十六景》《富嶽百景》の「全て」を展示

あわせて読みたい

北斎の魅力 多角的にとらえる 「THE北斎 -冨嶽三十六景と幻の絵巻-」

直前の記事

新着情報一覧へ戻る